【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団
平均年齢※ 30.3歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1495件) 2.5000 [2.5点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 1.8000 [1.8点]
労働時間の短さ 2.7000 [2.7点]
将来性 1.9000 [1.9点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で1495件の投稿があります。(261~270件を表示)
<<前へ   22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32     次へ>>
投稿者名 SDF         投稿日時:2019/01/16 15:00:57
年齢・性別 50歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 防衛行政(企画 調達 管理)
自衛隊の建設行政
自治体への周辺対策事業
駐留軍等の対応
この職業・職種のここが良い 職域の広さ
スキルと努力によっては、部隊から離れ行政機関での勤務も可能です。

他行政機関との折衝や協力
防衛行政の成果が確認出来ること
この職業・職種のここが悪い 悪い意味合いでザ公務員 言われたこと以外はしない。
自分の職場について、予算の流れや期待される役割までを承知しているのは、ごく一部の幹部に限られるのでは?フツーの会社員で自分の会社がナニしてるのかわからないような社員が大部分を占めているようなものです。防衛省なのに自衛隊(他国軍も)の職務について無知すぎること
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 転職希望者        投稿日時:2019/01/14 01:01:35
年齢・性別 22歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 訓練→整備→訓練→整備の繰り返し
たまにスポーツの大会の為の練習。
この職業・職種のここが良い 安い給料だけど安定してる
入隊1年目からまともなボーナスがでる
保険等々の手続きをほとんど自衛隊がやってくれる
食費はほぼかからない(やろうと思えば)
この職業・職種のここが悪い 職場の5割の人間が歪んだ思考 2割は間抜け
入った当初はほぼ雑用 仕事が終わったあとに清掃等々
色々な所でお金がかかる (様々なスポーツの大会の為の用具や靴磨きの道具)
定年がとても早い
仕事のやりがいが一向に見つからない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人
投稿者名 そろそろ退職        投稿日時:2019/01/12 22:25:02
年齢・性別 21歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ペチャクチャくだらない話
愚痴の言い合い
戦争ごっこ
大人の幼稚園
アホしかいない。
奴隷扱い。
この職業・職種のここが良い 安いけど給料安定。
衣食住タダと
この職業・職種のここが悪い 考えが古すぎる。
時代に沿ってない。
ここには来ない方が身のため。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中14人
投稿者名 もぐ        投稿日時:2019/01/10 04:11:36
年齢・性別 32歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 雑用全般

先輩の仕事の後始末
この職業・職種のここが良い ない
この職業・職種のここが悪い 将来性がない
定年が1歳伸びても、その頃には年金は70歳か?
定年後の生活、年金もらうまでの10数年間どうすんの?
自分の生活も危ういのに、住宅ローンに子供の学費払える?
若いうちに仕事見つけて、早く転職しなきゃ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 陸上自衛隊陸曹や幹部昇任が簡単。        投稿日時:2019/01/08 12:16:30
年齢・性別 50歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 警備やガソリンスタンド。
この職業・職種のここが良い 陸上自衛隊で幹部や陸曹部内幹部候補や陸曹候補の試験内容は同じ。
福利厚生は充実しているが金沢の部隊は充実に欠陥。
就職先は警備会社が殆ど。
この職業・職種のここが悪い 新隊員教育が終了し部隊配属されて営内班に入班した時、毎日が地獄やし奴隷扱い。
官品の検査は最悪。
注記がしてなかったり適当に記載したら説教の嵐。

先任士長の機嫌が悪い時、激怒されると毎日涙が出る。
セクハラスメント。
陸上自衛隊は中隊長や運用訓練幹部や本部の各科長や業務隊長や副連隊長は天国。
その他の隊員は奴隷で人権無視。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中3人
投稿者名 曹で退職した(笑)        投稿日時:2019/01/07 01:11:16
年齢・性別 34歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 施設職(電気)で働いています。
町の電気工事屋さんの様な簡単な電気工事から、高電圧の電気工事、その他電気に関するあらゆる仕事をしています。
私は電気主任技術者の資格持ちですので、それに係る業務も行っています。
この職業・職種のここが良い 腐っても公務員なので安定はしてます。
電気を含めた施設職域(他に土木、消防、設備機械、給気)に関して言えば、業務遂行において資格が必要な仕事の為、資格の取得や実務経験を積むことができます。他の隊と違い、手に職をつけることができます。終業後の時間を有効に使い、資格の勉強に励んでいる隊員も見かけます。向上心のある人間にはもってこいな仕事です。
この職業・職種のここが悪い ①努力が報われない所です。良い点で書かせていただかましたが、向上心のある人間にはもってこいな職場である一方、資格取得を果たしても、利益を感じられる評価はされません。クソみたいな賞状をもらい、終礼等で紹介され拍手されるくらいでしょうか(笑)
民間企業なら資格手当や選任手当などが支給されますが、自衛隊ではそんなものはありません。当たり前ですが、それでも責任の重さは同じです。やってられますか?

②現場で無資格のバカに指図されることです。施設職とは言ってもやはり自衛隊です。たとえ上位資格を持っていてその職種においては立場が上であっても、自衛官としての序列が下であれば、施設業務の現場では無資格のバカの指揮下に入り、言うことを聞かねばなりません。自衛隊の『資格軽視』の実態がよく分かりました(笑)

③怠惰な人間が得をする点です。資格取得などの成果に対する報酬がない為、目的意識を持たずその日暮らし的な毎日を送る方が得に感じます。その為、高い意識を持つ人程、辞めていく傾向にあると感じます。これは全ての職域に共通する話ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中9人
投稿者名 二選抜で30歳2等陸曹になった        投稿日時:2019/01/06 22:25:56
年齢・性別 31歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 歩兵としての訓練&係業務&出張業務。例えば教育隊で班長をやったり入校したり。

陸幕とか会計とか極端なところを除けば基本的に陸曹は残業が少ないよ。
この職業・職種のここが良い 色々な事を経験できる。士には分からないと思うが陸曹にやれば仕事や責任、必要な技能が増えてやり甲斐が出てくる。

脱営して一人暮らしを出来るようになると最高。人間関係、残留、警衛から解放される。

イラクに06年組として参加できた。
この職業・職種のここが悪い 士は奴隷。書き込みの年齢を見て分かるけど士が多い。やり甲斐がないというけど陸曹教育を受けていない士に責任ある仕事を任せる訳がない。
人間関係は難しい。ゴミが上司になれば苦労するしストレスになる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中10人
投稿者名 ドラゴンフライ        投稿日時:2019/01/06 09:18:42
年齢・性別 42歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 私は航空自衛隊でしたが、職種は警備でした。
警備なんてなんの資格も取れないし、隊員なら誰でも出来るような仕事、実につまらない上に妙にプライドだけ高くて、幹部とゴルフに勤しんで昇級をもぎ取るとかもう最低な部隊でした。
最終的に鬱病を発病、半強制的に退職させられました。
資格は無いし社会に適応は出来ないし、最悪です。
仕事選び間違った。
この職業・職種のここが良い 非営利企業では無いのでノルマがないのは良いところ。
ノルマと言えば持続走の年間走行距離くらいか。
何かの大会の強化選手に選ばれれば仕事をしなくて済むのも良いと言えば良かったかも。
この職業・職種のここが悪い 親方日の丸のせいかまぁ上司に媚を売りまくり。
世間知らずばっかりだから高校の延長みたいにイジメ、パワハラ、モラハラが普通。
1年間の自殺者が多い職業No.1だという事は案外知られていない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 海尾守        投稿日時:2019/01/04 23:40:48
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 陸上部隊の庶務係
この職業・職種のここが良い 収入が安定している。
悪さをしなければ無能でも定年まで勤務出来る。
すべては親方日の丸のなせる業。
この職業・職種のここが悪い 去年12月ニュース報道されたように補給艦内で幹部自衛官が自殺とのこと。階級社会なのでパワハラが横行。このようなパワハラを苦にしての自殺する隊員は毎年いる。

私もパワハラを受けたが、部隊相談員をはじめ誰もが見て見ぬ振りをして対策を講じなかったので、メンタルを病んで自殺する前に早期退職をした。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人
投稿者名 カバ        投稿日時:2018/12/30 23:39:46
年齢・性別 55歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 偵察陸曹 訓練陸曹 補給陸曹 40歳ま以降 毎週 意味のないいんずう点検でうんざりしたな
この職業・職種のここが良い 福利厚生 年末年始 ゴールデンウィーク 夏期休暇 の長期休暇 民間の会社なら無理 急な用事でもやすめた よっぽどじゃないかぎり 親戚の死亡 嘘もあったけど!
この職業・職種のここが悪い とにかく皆さんが述べているとおりパワハラ モラハラ の嵐だったな 体力バカ 戦技 持続走 銃剣道 スキー できれば多少仕事できなくてもいい 自分は北国の部隊で今頃は毎日スキーやっていれば給料もらえる 今も同じだろ 3月中旬まで
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
<<前へ   22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。