【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.9歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (883件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で883件の投稿があります。(421~430件を表示)
<<前へ   38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48     次へ>>
投稿者名 現職です        投稿日時:2015/03/01 11:34:21
年齢・性別 40歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 高卒、勤続22年、幹部
去年の給料を見直したら初めて1000万の大台に乗っていた(ただし手当のある配置なので、手当が無ければマイナス300~350くらい)
この職業・職種のここが良い 余程のこと(悪いこととかトンデモないおバカとか・・・)が無い限りクビにならない、良い意味で「終身雇用」の楽園
ただし「士」の方は昇任できないと・・・
営利追求ではないので、人間関係以外で大きなストレスを溜める要素がない
転勤は多いが、「国の世話で家族旅行に行かせてもらえる」と思えば楽しい
この職業・職種のここが悪い 残業手当なし(当たり前だがそういう概念がない)
時間と勤務日数が不規則
定年が早い
自分の専門(職種)にもよるが、退職後のツブしが効かない(自分はモロにこれに当てはまるのが最近の悩み)
諸外国の軍人と比べると未だに社会的地位の低さを感じることがたまにある
閉鎖社会なので偏屈な上司に当たると最悪(ただし転勤が多いので1~2年我慢すればサヨナラできる)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中14人
投稿者名 退職自衛官        投稿日時:2015/02/26 10:39:04
年齢・性別 55歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 採用の区分、階級、職務によって大きく違いがありますので、詳しくはホームページなどを確認してください。
この職業・職種のここが良い 平和を職とし、国民の生命、財産を命を賭して護るやりがいを強く感じることができます。
また、これからは世界各国と協力し、国連加盟国の一員として世界平和に供する任務も激増します。
この美しい地球を、平和で穏やかな状態に維持する自衛官という職業、お金を払ってでも経験する価値があると思います。
この職業・職種のここが悪い 定年退職が超早期です。
曹長~1尉は53歳
3佐~2佐は54歳(一握りの隊員)
1佐は55歳(更に一握り)
つまり、年金を受給できるまで、必ずといっていいほど再就職しなくてはなりません。
定年後の余生何て言葉は、自衛官には当てはまりません。

※一部の職種(会計、音楽、警務)の定年は60歳です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中9人
投稿者名 カイジ        投稿日時:2015/02/26 01:38:40
年齢・性別 36歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 実際色々制限があってきついが、特に若年隊員ですぐに辞めるのは考え物。割りに合わないのも分かるが、同じ給料をもらえる職を探すのは大変。まして保障面まで含めると・・・

艦艇だと出港して、訓練・3~4直制の当直勤務。当直時間は分隊により違う。
部隊によってはかなりの長期出港あり。
ただ缶詰を余儀なくされるのに、母港に戻っても休みを取らせなくなってるのが問題。使えない代休はたまる一方。停泊中くらい昔みたいに昼上がり許可してもいいと思うが・・・
世間と比べてとか言う前に、仕事の特殊性も少し考えろ。最近の不祥事や鬱増加は休みを取らせないストレスも原因だろ!少しは現実見ろやバカ幕僚共。

陸上部隊は楽かと言うと、意外とそうでもない。
確かに出港はないが、役職持つと色々大変。艦艇で使えなくて陸上部隊になる人もいるのは間違いないが、本当にバカだらけになると何も動かなくなる。艦艇動かすにも陸上部隊のサポートは不可欠。ま、実際にやってみなければ分からなかったことだけどね。
あ、使えない奴は冗談抜きで無能。寧ろ敵国の回し者じゃないかと思う。体育だけしかできない、忙しい人を尻目に
「暇じゃ暇じゃ」言いながらスマホいじってる阿呆は辞めてください。税金の無駄。人間国損だよ。
こういう馬鹿をリストラできないのが最大の欠点かも・・・
人員不足な原因はサボってる奴等が多いのも一因。
この職業・職種のここが良い 1給与・ボーナスで収入は安定(近年昇給に関しては減少気味)
2海自だと艦艇・陸上問わず、海士長以上で外に下宿を設定できる。
3食事とか利用できるものを利用すれば節約できる。寧ろ給与からはキッチリ引かれてるので利用しなければ損。単純な食費と考えれば給料から引かれてるといっても、格安と言ってもいい。
4海外に行く機会がある。(あくまで仕事、訓練の一環だが、外出の機会もある)
この職業・職種のここが悪い 1出航してしまえば当然のごとく缶詰生活。
2長期出港でも変わり映えのない訓練、作業。忍耐を試されます。
3FTG(指導官サマが乗ってきての訓練検閲みたいな感じ)が最低最悪。言うことが毎回変わる。時代にそぐわないマニュアル至上主義。
寧ろマニュアル通りが危険な場合もあるが、そういうのの見直しは一切無い。
訓練のための訓練という無駄。指摘点がないと困るから分かりやすいミスをしろという風潮がある部隊も・・・
FTG部隊は、能無し幹部と威張りたいだけの上級海曹の天下り先。

4、給料は安定してるが閉塞的な生活からのストレスで散財につながることも多い。趣味を見つけて若いうちから計画的に生活しないと給料が気がつけば消えてる。そしていつの間にやら借金持ちに・・・
今少し後悔中だが気をつければ、陸上勤務でも貯蓄はできる。そこにたどり着くまでが大変。
5能無しでもリストラないので、油断してると底辺まで人間性が落ちる。陸上部隊だと危険度が増すが、艦艇部隊でも比較的簡単に腐ってしまうので注意。

6基本的に自衛隊の常識、社会の非常識。定年後、自衛隊とのギャップに耐えられず職を転々とする人が多い。
やれる勉強は定年前からやっとかないと、将来性はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 無駄が多い        投稿日時:2015/02/25 09:00:02
年齢・性別 35歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 必要ないとは言わないが、無駄な訓練多い。
戦闘訓練も必要なんだろうが、災害が多い国なんだし災害時を想定した訓練を増やしたほうが意味あるんじゃない?

上記は下っ端の戯言だけど、実際時代錯誤と思うことも多いが
方向転換をするのは難しい。一から考えるのは面倒だからね。そんなことを考えられる幹部は極々僅か。大半は保身しか考えない幹部ばかりだから改革なんて期待薄。
その割りに下に対する締め付けは驚きの速さ。逆に緩めるほうは亀の行進。
人員不足?当たり前。魅力よりも、割に合わないデメリットが大きすぎる。
この職業・職種のここが良い 安定した収入があり、ボーナスも出る。
贅沢言わなければ食事のサポートもある。(味は並以下)
基本的にノルマはない。
楽しようと思えばいくらでも楽できる(定年後職なしだが)
この職業・職種のここが悪い 1今はバブル入隊のバカが上層部になっている暗黒時代。
2無能どころか損害を出すようなバカでも解雇されない。真面目にやるとバカを見る面もある。
3無駄な訓練。
4拘束時間が多い。労働法?何それ?
5不公平。楽してる奴等は何を言っても知らん振り。
6定年がはやいが、油断してると世間知らずのままで定年後無職。
就職援護課「世の中舐めんな。サポートするにも限度があるわ

7仕事の上でのやりがいは少ない。自分で趣味を見つけるなりしないとキツイ。 
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人
投稿者名 官品        投稿日時:2015/02/23 22:58:02
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に物品の整備や点検
山に行って戦闘の訓練
災害派遣や自治体イベントの協力
駆け足などの鍛錬
後輩への教育や意見の上申
先輩への気遣いとゴマスリ
この職業・職種のここが良い 仕事は仲間と協力して一体感がある
福利厚生給料安定休日多し
仕事終わりや休日でも職場の仲間とワイワイ出来る
仕事が無くてボーっとしてる時もある
この職業・職種のここが悪い やりがいの無い時、無意味に感じる時がある
終わってる奴はホント終わってる
ゲスの極みに限って発言力があるし止められる人間も居ない
しょうもない事に一々疲弊して行く
仕事終わり休日関係無く職場や上司の干渉がウザい
何処かのご令嬢並みに生活を管理され気弱なお姫様になっちゃう
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 満射野郎        投稿日時:2015/02/12 14:40:09
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝6時起床
駆け足、整備、射撃、暇つぶしの携帯いじり
昼寝、競技会前の練成
下っ端は課業後も休む暇なしで清掃、休みの日も清掃
この職業・職種のここが良い 幅広い年齢層だから色んな経験ができる
射撃や演習など自衛隊特有の経験ができる
この職業・職種のここが悪い 衣食住タダは間違った情報。ちゃんと給料からひかれてる
性格ひねくれてる奴が多い
営内生活では不満だらけ
自衛隊に洗脳されたら終わり
残業代つかない
など、1から言い出したらキリがない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中5人
投稿者名         投稿日時:2015/02/05 00:52:14
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 陸自某部隊本部勤務の人。
色々なキタナイ情報が多く悲しくなる
この職業・職種のここが良い 1 衣食住に困らない。
2 毎月のお給金&年2回のボーナスは、それなりに貰える。
3 車の免許が取得できる。
4 海外派遣や海外訓練に参加できるなど。未知なる経験ができる。

この職業・職種のここが悪い 経費計画にしろ人事管理にしろ全てにおいてデタラメである。
経費なんて酷いもんで、上級部隊が大半をピンはねして高官喜ばせグッズの購入及び○○の視察等々名目だけカッコいい国の金を使った観光とかに使用し、結果的に中隊レベルまで下りてこない。ハズ。(ウチだけ?)

昇任やボーナスの判定(頑張りました・よく頑張りました・大変よく頑張りました。の3段階)も酷いもんで、全てでは無いが好き嫌い人事が多い気がするな・・・昇任や更なるベースアップを狙いたいのであれば、部隊長等に魂を売り忠実なシモベになればOK!!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 亡国        投稿日時:2015/02/01 15:15:15
年齢・性別 38歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 2年前まで2尉(家業継承のため退職、住宅会社の役員)
高卒後18年間働き、陸士~3曹~3尉~2尉を経験
幹部任官後、小隊長、運幹、司令部幕僚、教官を勤めました。18年間の経験と現在の仕事を比較しているので偏りも少なく、客観的であると個人的には思います。
<若い隊員へ>
不満・不平を愚痴っても状況は変わりません。努力して職場環境を変えてみたらどうでしょうか?防衛大学校に受験や陸曹候補生~幹部になり、中隊長となって理想の部隊を創る。政策や制度に不満があれば、松下政経塾を受験し、政治家になって政策を変える。そういう努力が必要だと思います。
<管理職・ベテラン層へ>
若い奴が不満を言うのは、くだらないと思わない。そこに課題があるのではないでしょうか?コミニュケーションとってますか?あなたがたも新人の頃、不満ぶちまけていませんでしたか?きちんと向き合って説明したらいいのではないでしょうか?あと働かないオッサン、怠け者を養う程
財政に余裕がないから、消えろよ!士気が低下する!
この職業・職種のここが良い ① 収入・待遇・福利厚生は中小零細企業<自衛官<大企業、まあ贅沢しなければ人並みの生活を遅れます。生涯所得は公務員の中でも低いです。定年が50代前半~50代半ばですで!公務員を追及するなら定年60歳の行政職員、教員、警察官になった方が生涯所得、退職金、共済年金が高いです。
② 20代、30代で昇任試験(防大出身除く)をクリアすれば管理職になれ、先輩を追い越すことができます。
キャリアップについては機会の公平があると思います。客観的に!
③ モンスター、クレーマーを相手にしなくても良い。数字(利益、ノルマ)に追われることはない。お客様がいない、説明責任がない。結果責任がない。故にさぼる、腐る奴がいて、士気と業務の能率を低下させる。
④ 研修、健康管理(診断)は必ず実施してくれる。
この職業・職種のここが悪い ① 人材の質(能力、意識)の格差大
東大からボンクラ高校中退まで幅広く存在、人事・教育がやりにくい。田舎の私立高校みたいな感じ
② キチガイ、変人、変態、アル中、クズが他業種と比して多い。
③ ハラスメント天国(パワハラ、アルハラ、モラハラ)
体育会系の文化の一貫だと思うが、精神論至上主義が蔓延し、全日本柔道連盟や日本相撲協会と似たような旧態
以前の体質と閉鎖社会によるやりたい放題だと思う。
④ 緊張感やプロ意識が乏しい者が多い
理由は良いの③
⑤ コスト、労務管理、経済性の概念が乏しい。
理由は良い③
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中13人
投稿者名 平和        投稿日時:2015/01/31 18:52:11
年齢・性別 40歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 歩兵部隊で、一番辛く、雨、雪等関係なく野宿できます。
この職業・職種のここが良い 54歳で定年退職となるが、それまでは特別国家公務員
この職業・職種のここが悪い 給料が年々低賃金となり、退職金も今年から500万円減額支給となり、入隊する際、募集員の勧誘では高卒ですぐ入隊したら定年退職金は、2300万円、実際間違いなかった。国はこの事実をオープンにしないのは、詐欺だ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人
投稿者名 亡国の空猿        投稿日時:2015/01/27 20:20:50
年齢・性別 29歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 駆け足
パソコンいじり(特に必要でないもの)
スマホゲーム
教練
半分は何もしていなく、必要のない組織、税金だと思います。
国はもう少し見直しをするべきだと思います。(これからあると思いますが…)
この職業・職種のここが良い 休みが長い。(金がないと何もできない)
部署によりやることがなく責任がない。
ほとんど5時に帰れる
この職業・職種のここが悪い 半分だが上司がマジで変人ばかり。(急にキレる社会一般、常識的に変な事を言う。)
モラルのない人達ばかりと付き合うハメになる。
ここに投稿されている方々は自衛隊の本当の人間関係を書かれていると思います。現在、民間に就職していますが変人がほとんどいないのでやりがいのある日々をおくっています。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
<<前へ   38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。