【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.8歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (856件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で856件の投稿があります。(421~430件を表示)
<<前へ   38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48     次へ>>
投稿者名 BONNIE PINK大好き        投稿日時:2014/12/06 02:11:05
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 G or Sー4 にて上級部隊の下請けみたいなお仕事。
この職業・職種のここが良い 親方日の丸!!

以上
この職業・職種のここが悪い 人殺しをしても(自殺に追いやった)裁かれる事無く、普通に勤務している幹部が居る。

懲戒処分も幹部に甘い。(全国報道されてんだから潔く辞めろ!!)

体裁を取り繕うだけの現場指導なら来ないでよし!!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 s        投稿日時:2014/11/30 23:43:38
年齢・性別 21歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 整備
駆け足
訓練
演習の準備
この職業・職種のここが良い 休みが長い!
ボーナスが多い!
この職業・職種のここが悪い 上の人間がクソしかいない(自分の部隊は)
給料が安い
理想と現実のギャップが激しい
辞めたくても辞めれない
一般常識が無い奴、守れない奴しかいない
自分の評価や、昇任の事しか考えてない奴しかいない
確かに、男だったら地位とか名誉手にいれたいってのも
分かるけど、俺だったら下の連中から
尊敬されるような上司じゃなけりゃ
そんな、地位だとか名誉なんざいらねえと思う
大事なのは肩書きなんかじゃない
もっと他のもんがあるだろ!

最後、個人的な意見になりましたが
大体こんなものです!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中8人
投稿者名 つばさ        投稿日時:2014/11/22 22:29:07
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 日勤時

朝起きて即出勤→工具の準備→朝礼→午前中の仕事→昼休み→午後の仕事→終礼→少し片付け→帰る

シフト時

下っ端は午後2時半までに出勤→工具の準備→夕食→午後5時位から仕事→全て終わるか、きりが良いところまで仕事→職場の施錠、消灯→帰る
この職業・職種のここが良い 一応、公務員なので安定。それ以外なし。
この職業・職種のここが悪い いじめの巣窟。上官は皆口が悪く、暴力もたまに振るわれます。ただ、ふんぞり返ってるだけです。下っ端だからと工具の準備からトイレのタオル交換まで何でもかんでも任されます。日勤は定時に終われますが、シフト(夜勤)はまちまちです。夜10時位に終わることもありますが、翌朝4時位になることもあります。週休2日制が基本となりますが、3週間連続勤務の時もあります。また、土日祝祭日も勤務に就いていると外出もできません。
資格なんか取れません。あれは誇大広告です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中10人
投稿者名 mario        投稿日時:2014/11/09 14:28:54
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 戦技(スキー、拳法、銃剣道、持続走)
デスクワーク
整備関係(車両や物品)
災害派遣

正直現状自信を持っておすすめはしませんが、やはり安定性はあると思います、悪いことさえしなければリストラに合う事もないので…やられて嫌だと思う事は多々ありましたが今思うと自分が指導する立場になった時にどうするかと考えさせられる良い勉強になった気もします。
見渡す限り機嫌取りに忙しい人達だらけですがそれなりの安定を求めるなら悪くはないかと。
この職業・職種のここが良い 給料が安定してる
年末年始やお盆休暇等、休みが長い
気の合う仲間が数人は出来る
部隊にもよるが戦技等を学べる
階級が上がるにつれて仕事を任されると責任感を持って仕事出来る

この職業・職種のここが悪い 理想だけを言う上司
昇任試験に受からないと再就職しなければならない
意見具申をまったく聞かない上司が多い
部隊により業務は違うが給料は同じ、と不公平感がある
給料は年々下がっているが仕事は厳しくなってきている現状
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中9人
投稿者名 シャンパンタワー        投稿日時:2014/11/04 19:24:42
年齢・性別 25歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 サバイバルゲーム。戦争ごっこ。たまにスポーツ。
この職業・職種のここが良い 社会人としての基礎基本を学べる。
大切な友達ができる。
公務員として最低限の待遇は受けれる。
この職業・職種のここが悪い ある幹部自衛官は災害派遣は自衛隊の宣伝に過ぎない真の任務は戦争だと言っていた。災害派遣を見て入隊したいと思ったら他の保安職をオススメします。

ニュースや報道で取り上げられてる通りいじめの巣窟です。少なくとも教育期間は人の苦しんでる所を見て喜ぶサディストな上司を目の当たりにします。

入隊前の広報官は詐欺集団です。都合の悪い事は隠します。以上です!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中9人
投稿者名 今警備        投稿日時:2014/11/04 14:05:25
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 いわゆる課業は楽な場合がある。が警備でも24時間の拘束のうち3時間くらいの仕事であとは待機休憩みたいなのもある。
この職業・職種のここが良い 私は、元自衛官ではあるが、陸士時代のみの実体験であるので自衛隊の良さは何かと聞かれれば、公務員で安定している以外思いつかない。しかし現在警備の世界に身を置いたからかやはりボーナスあり、福利厚生の良さはホントうらやましいです。
この職業・職種のここが悪い 特に若手対象自衛官退職後を意識した訓練、講習があまりない。自衛隊内の特技?取得以外にもそうゆう教育体系あるといい。大体自衛隊退職者は警備にながれていくような気が。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 国営ブラック企業        投稿日時:2014/11/04 13:43:37
年齢・性別 42歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 管理職
上司のパワハラ、人事上の冷遇、業務量の偏り・不公平、職場環境の悪さで精神崩壊し、忠誠心が失せて、本意ではありませんが退職を決意しました。同期・先輩でも離職、自殺、メンタルダウンした者も散見されます。組織崩壊していると自信もって主張します。77歳の元航空自衛官の方、昔と比較して堕ちるところまで堕ちたのが実態です。自分が若い20代の頃とは天と地の差です。確かに20年以上前は家庭的で、指導層・管理者層は立派で尊敬する方もいましたが、現在はカス、クズが多いです。この現状を見たら怒りのあまり
血管がぶちきれるでしょう。著書 「自衛隊 この国営ブラック企業」をお読みなれば納得するでしょう。仲間殺して、
内ゲバして国防だ!ふざけるな!敵に寝返ってもおかしくねよ!組織崩壊するのは上層部の怠慢、現実逃避、統治能力のなさ、自業自得だ!以上
この職業・職種のここが良い ①福利厚生、身分保障
②若年の営内生活では貯蓄しやすい環境、但し、自由・人権を犠牲
③ノルマ・成果は求められない
この職業・職種のここが悪い ① ハラスメント天国
② 旧態依然の体質
③ 定年早い
④ 体質はブラック企業、福利厚生と身分保障があるだけ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中13人
投稿者名 今は今、過去は過去!定年退職万歳!        投稿日時:2014/11/03 22:47:45
年齢・性別 54歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 次に向かって頑張りましょう!
この職業・職種のここが良い 貯蓄率がいい!定年退職金の他に若年定年退職金が出ますが、俸給の給与改定などがあり10年前からは上がっていないのが現実!福利厚生はよくても階段上がりにあがっているのが短期掛金、長期掛金、介護掛金!公務員といえどいつかは生活がやっとの給料しかもらえなくなる時代がすでにきています。
この職業・職種のここが悪い いったいいつの時代と比べているのかわかりませんが定年OBの方々が過ごした時代と比べないでください!日々悪化の傾向です。あなた方の時代とは違うんです!定年退職金の率が下がり、改定前と400万円も違うんですよ!声を出さないと積りに積もっていたことが暴発しますよ!批判を受け止めようが受け止めないかは、これが現実なんです。20年前のと今を比較することだけはやめて頂きたい!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 任期満了か悩む        投稿日時:2014/11/03 16:47:16
年齢・性別 22歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 時代錯誤の戦争ごっこ
上司、先輩の機嫌とり
この職業・職種のここが良い 家賃かからない
飯も多少の天引きで食える
この職業・職種のここが悪い 上司の機嫌を損ねたらそれで自衛隊人生終了
都市手当てとかあればまだいいけど地方では公務員とは思えない給料
プライバシーなんて微塵もない
営内生活なんてストレスしかたまらない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人
投稿者名 はぁ・・・        投稿日時:2014/11/03 15:57:55
年齢・性別 35歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 上司の機嫌取り
この職業・職種のここが良い ミスしなければ安定
この職業・職種のここが悪い 空自の方が陸自の発言を繰言、妄言と言われているが、あなたの世代はまだ旧軍関係者がいましたよね。
陸も居た頃はマトモでしたよ。
現に彼らを知っていた定年間際の上司は人格者ばかりでした。
今ではみんな消えて、現在はここにあるコメント群の内情であながち間違っていません。
確かに誇張も見受けられますが、許容範囲内に感じます。

あなたは年収から察するに3佐退官の方でしょうか?
なら陸の末端現場は理解する事は出来ないでしょう。
この特殊な国、日本で国防に携わるという意味を理解していないように感じます。
愛国者なんてもう居ないんですよ。
求められるのは無意味な体力と、度が過ぎた理不尽に耐える忍耐力です。
それがあれば、体育授業を受けるだけで給料がもらえる。
それが陸です。

真面目な人材が増え、組織が良い方向へ変わる事を望みます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
<<前へ   38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。