【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.7歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (830件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で830件の投稿があります。(721~730件を表示)
<<前へ   68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78     次へ>>
投稿者名 yuji        投稿日時:2011/05/28 16:56:35
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 職種により様々。
この職業・職種のここが良い 体力はつく。
中に住んでいれば基本お金はかからない。
この職業・職種のここが悪い 1、40代は基本バカばかり。その年齢層が上司になるわけ  だから必然的に仕事の効率も悪く、その分無駄なことを  したがる。
2、シフト勤務者の待遇が悪すぎる。
3、わけの分からない行事が多すぎる(出迎え行事等。)
4、中に住んでいると(シフト者に限り)ラッパや放送で眠  れない=常に寝不足。
5、障害を持っている人が普通にいる。(発達生涯や言語障  害等)。
6、何事にも許可が必要(車を買う、外出、結婚)
7、幹部になれば1~6のことはほぼ解決するが、幹部にな  ると転勤が多すぎる(2,3年ペース)。家庭向きではな  い。権力の集中を防ぐためにあるらしいが、職種によっ  てはかなりマイナス。
8、ホントにバカばかり
  
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中14人
投稿者名 大岡越前        投稿日時:2011/05/26 22:20:25
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 私ではありませんが、毎日多忙な勤務状況(残業と時間に余裕のない報告等業務で仕事をされている幹部(1尉~3佐)がお気の毒です。うつ病やそれを通り越して命をおとされる人が増えています。
この職業・職種のここが良い 礼儀正しい人の割合が多い。
知識はないひとが多いが知能は高い人が多いので、育てれば
高卒でも一流大学卒のレベルの仕事ができます。
この職業・職種のここが悪い 階級規律が乱れている。下剋上的な言動をする可笑しな中年隊員が多い。1佐以上には敬礼・挨拶及び命令には率先して従うが、それ以下の階級層には礼儀をしらない陸曹、特に40歳後半の隊員が多いことには非常に心配。国を守る自衛隊にとって有事の際が恐ろしい。
 責任逃れをする上司が多く残念、責任をとる上司じゃないと部下は自主的に従わず、結果的に組織の精強化のマイナス事項です。ここ10数年で変わってしまった気がします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中11人
投稿者名 定年1佐        投稿日時:2011/05/01 13:52:09
年齢・性別 56歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 20代…部隊勤務と部内教育が交互に行われ、スキルがUP
30代…高級幹部を目指すか、家族本位で生きるかの選択
40代…部隊の基幹としての満足感のある勤務
50代…今までの知識、経験だけで乗り切れる。
定年後…退職金は郊外に家一軒程度、でも自由を満喫
まとめ…頑張ればそれなりの待遇、手を抜いても最低限の待遇、大儲けはできませんが、楽しいですよ!
この職業・職種のここが良い 1 日本、世界の各地に旅行でき、かつ住める。
2 国の仕事をしているという満足感
3 5月、夏、冬は長い休暇が取れる。
4 家族、親族に胸の張れる職業
5 悪いことしなければ首にはならない。
6 家族的な生活を送っても生活していける手段がある。
この職業・職種のここが悪い 1 転勤が多い。
2 諸外国に比して、社会的地位がいまだ低い。
3 長期間帰宅できない事が多い
4 他人に「大変な職業」と同情される。
5 目立ちすぎると干される。
6 家族的な生活を送ると偉くはなれない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:33人中27人
投稿者名 2ソウ        投稿日時:2011/04/28 00:06:02
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 1 戦闘職種は訓練してるか体力錬成か草刈りしてるか片付けしてるか代休で休んでる等々
2 兵站職種は単調だが残業が多い
3 部隊を離れ入校してあらゆるノウハウを勉強、習得する。期間はまちまち1週間もあれば、1年もある

この職業・職種のここが良い 1やる気次第でドンドン成長できる
2 生涯勉強をする事ができる(常に教育する立場や教育される立場にある)
3 ノルマが無い。訓練では事故で無いかぎり失敗が許される(訓練だから)失敗して成果(成長)を得る
この職業・職種のここが悪い 1 全然安定してない
2 給料が安い
3 予備自衛官は税金の無駄使い(実際、東北大震災で招集かけても5分の1も集まらない)戦争では絶対来ない
4 予算が少な過ぎて他国に遅れて居る(海、空は最新。陸はボロ)
5 さらに給料カット(高卒27歳2曹で23万、税金、年金引かれ手取り19万程度)
6 さらにボーナスカット
7 災害派遣が仕事だと思ってる馬鹿が多い!任務は国防!災害派遣がやり甲斐って被災者に失礼です
8 地方公務員と違って手当が少ない
9 同じ人間なのに特別扱いされる
10 すぐにマスコミに叩かれたり弱みを握られたりする

11 予備自衛官はホントに税金の無駄!!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中21人
投稿者名 専守防衛        投稿日時:2011/04/20 21:31:49
年齢・性別 36歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神及び肉体修行
この職業・職種のここが良い 職場の雰囲気を自分色に出来る
人のためになることを出来ること
この職業・職種のここが悪い 意識の違いが大きすぎる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 シロン        投稿日時:2011/04/10 02:14:36
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 経理職:予算執行の調整役。全部隊の書類の作成と点検。
訓練関係の監督指導と管理報告。営内班の先任長。

この職業・職種のここが良い 規則正しい?生活
整理整頓の習慣
体力アップ
クラブ活動で色々楽しめる
ここでしか出来ない事が経験できる(射撃、格技、教練、演習、検閲、災派、等々)
休みは所属する基地や部隊によっては安定している
生活費がかからない
金のかからない趣味だと貯金しまくり
気の合う奴は離れていても仲がよく、連絡や年賀状やりとりする
立場に応じたことをやっていればいい
この職業・職種のここが悪い 体力測定がショボイ奴が多くて失笑してしまう
訓練を仕事だと思っていない奴が多い
職種によっては仕事量が天地の差(特に若い人間ほど)
所帯持ちには手厚く、独身組にリカバリーさせる
部隊の絶対数が少ない及び女性自衛官が多いと付加任務及び力仕事を多く与えられる
指揮官が無能だと部下の意見を聞かずに部隊を滅茶苦茶に
基地によっては部隊間の不公平さが明らか
悪意を持った人間は利用しようとする
独善的な村社会
クソみたいな人間関係
営内は寝ていても気が休まらない
夏場の浴場は危険だ






この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人
投稿者名 2曹        投稿日時:2011/04/04 00:48:20
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 まず、点数の詳細
給料 1点 
やりがい 3点 やることは多いが、総じて生産的ではなく、単純
労働時間 3点 普通科部隊など戦闘職種は短いが、後方の実務系は仕事時間は長い。会計など月400時間を越えることも。かつ、特に戦闘職種では私生活をすべて管理されると思ってよく、その中の人間関係がどろどろなので、実質的拘束・労働時間は長い。
将来性 1点 間違いなく薄給で忙しくなる
安定性 3点 曹以上になれば辞めなければ給料は安定はする。しかし、退職者や自殺者の数、幹部の転勤の多さを考えると安定しているとは言い難い。
この職業・職種のここが良い このサイトに記入してある良い点の一部。

ただ、自衛隊の宣伝のような書き込みは信用されないほうがよいかと思います。

個人的には
・同期との絆ができる
・災害派遣に参加でき、やりがいがある
・強制的に運動させられるので、体は強くなる
・馬鹿、怠け者、いじめにも平気なタイプ、濃く村社会的な人間関係が好きな人、自衛官以外に就職できない、には悪くない居心地

など。
この職業・職種のここが悪い このサイトに記入してある悪い点のほぼすべて。
悪い点に関しては本当の体験談が書かれているよう。



残念ながら大方的確である。


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中17人
投稿者名 熊川健一        投稿日時:2011/03/27 02:12:07
年齢・性別 65歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 他国からの、直接、間接、侵略からの防衛
治安出動
災害派遣
この職業・職種のここが良い 組織としての規律
祖国防衛
国土、国民の生命財産の保護
この職業・職種のここが悪い 特になし
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中1人
投稿者名 ・・・        投稿日時:2011/03/26 01:31:38
年齢・性別 22歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 やりがいのない作業ばかり。活躍場所は災害派遣ぐらいか・・。
憲法9条改正して竹島を占領する韓国政府に対し奪還すべく何らかの処置をすべし。
この職業・職種のここが良い 特になし
この職業・職種のここが悪い 馬鹿が多い。平和ボケで愛国心のなさ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中10人
投稿者名 unknown☆jasdf        投稿日時:2011/03/10 00:41:52
年齢・性別 39歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 平時有事に問わず、多種な任務です。(国防、国際貢献)何事も上官(上司)の要求に応じて職務を全うします。
この職業・職種のここが良い 国民の負託にこたえるために、気持ちの底から頑張ることで気力体力ともに充実した毎日を過ごすことができます。
この職業・職種のここが悪い 良い部分と半面に出てくることで、任務達成のために家族までも犠牲にして働くことが多い(家族に対し、しっかり向き合える時間が少なくなることもある・・・)最前線には命を落とすことも考えられるため、中途半端な気持ちで入隊するとメンタル面で安定がはかれずに、職務が全うできなくなることがあります。(精神疾患多し)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中19人
<<前へ   68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。