【職種】家庭裁判所調査官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

家庭裁判所調査官の基本情報

仕事内容 事件についての調査報告を行う
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の法律に関わる仕事

家庭裁判所調査官の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

家庭裁判所調査官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※家庭裁判所調査官として現在仕事をしている方、もしくは過去に家庭裁判所調査官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
家庭裁判所調査官のここが良い
家庭裁判所調査官のここが悪い
仕事内容の詳細
家庭裁判所調査官に対するあなたの状況

家庭裁判所調査官とは

家庭裁判所調査官(かていさいばんしょちょうさかん)とは、各家庭裁判所及び各高等裁判所に置かれる裁判所職員の職名である(裁判所法61条の2第1項)。単に調査官とも呼ばれ、一般の市民にとっては、同じく調査官と呼ばれる裁判所調査官(同法57条)よりも格段に知名度が高い。家裁調査官(かさいちょうさかん)と略されることがある。 職務 職掌規定 家庭裁判所調査官は、裁判官の命令に従い(同法61条の2第4項)、次の職務を掌る(同条2項)。 各家庭裁判所において 家事事件手続法で定める家庭に関する事件の審判(家事審判)及び調停(家事調停)に必要な調査 事実の調査(同法58条、258条、261条) 審判又は調停の期日への出席、意見陳述(同法59条1項、59条2項、258条) 社会福祉機関との連絡その他の調整措置(同法59条3項、258条、261条5項、289条4項) 子の意思の把握等(同法65条、258条) 成年後見、保佐、補助、未成年後見の事務の監督(同法124条3項、133条、142条、180条) 任意後見監督人の事務の調査(同法224条) 審判又は調停で定められた義務の履行状況の調査,履行の勧告(同法289条3項) 少年法で定める少年保護事件の審判に必要な調査 事件の調査(同法8条2項) 審判に付すべき少年の報告及び報告前調査(同法7条、少年審判規則10条) 事件の被害者等からの意見聴取(同法9条の2) 同行状の執行(同法13条1項) 家庭裁判所調査官による観護措置(同法17条1項) 家庭裁判所調査官による観察(同法25条。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、家庭裁判所調査官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。家庭裁判所調査官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。