【職種】通関士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

通関士の基本情報

仕事内容 貿易の申告書類を作成する
平均年齢※ 39歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
通関士に関連する資格 【資格】通関士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 2.2000 [2.2点]
給料 1.0000 [1点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 1.0000 [1点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 2.0000 [2点]

その他の貿易関係の仕事

通関士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 アウトバック        投稿日時:2016/05/05 08:40:02
年齢・性別 39歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
通関士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 輸出入申告書類の作成。他法令関係書類の作成。各検査立会等。いまはすべてNACCSと呼ばれるシステムを使用してパソコン使って作成します。
この職業・職種のここが良い 普段の生活の中で使っているモノが実は輸入品であることがよく分かる。通関実務をしていると貿易実務も身につく。国際貿易のモノの流れが俯瞰できる。
この職業・職種のここが悪い 昭和の香りが残る職場が多い。残業しなければ食べていけない。通関士の資格取っても資格手当は¥5,000〜¥10,000がいいところ。時間に追われる。土日も出勤なんて当たり前。変わり者が多い職場。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人

通関士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※通関士として現在仕事をしている方、もしくは過去に通関士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
通関士のここが良い
通関士のここが悪い
仕事内容の詳細
通関士に対するあなたの状況

通関士とは

日本において、通関士(つうかんし)とは、輸出入されている物品の輸出入者が通関手続(税関への手続)を通関業者に依頼をした際に通関手続きの代理代行並びに税関への申請をするのに必要な財務省管轄の国家資格、またはその資格を持ち税関から通関士の確認を受けて勤務している者を指す。 英名はRegistered Customs Specialistである。 通関士は貿易業界の税理士、行政書士のような役割がある。通常は通関士以外の者が、他人の依頼により貨物の輸出入申告手続きをすることはできない(旅客の個人用貨物等を除く)。 通関士は税理士や公認会計士のように独立開業ができない、または非常に困難な資格であり、通関士として勤務するには通関業者、もしくは通関部門を自社に持つメーカー等に勤務し税関による確認を受けることを要件とする。商社や銀行(L/C発行銀行)に勤務する際には、就職する上でのアピールポイントになるが通関士として勤務することはない。しかし、貿易業界での唯一の国家資格ということから、資格を取得だけして勤務している人は多々いる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、通関士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。通関士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。