【職種】無線通信士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

無線通信士の基本情報

仕事内容 無線通信の特殊技術を修得した専門家
平均年齢※ -
平均年収※ -
無線通信士に関連する資格 海技士<国>無線従事者<国>電気通信設備工事担任者<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の

無線通信士の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

無線通信士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※無線通信士として現在仕事をしている方、もしくは過去に無線通信士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
無線通信士のここが良い
無線通信士のここが悪い
仕事内容の詳細
無線通信士に対するあなたの状況

無線通信士とは

『総合無線通信士』より : 無線通信士(むせんつうしんし)とは無線局の無線設備の通信操作に従事する者である。 日本においては総合無線通信士、海上無線通信士及び航空無線通信士を総合した通称である。 電波により通信を行うため、一定の技能を有する事が必要とされ、世界的にも官公庁による資格が必要とされる場合が多い。公海上を航行する船舶又は航空機に搭乗する通信士には国際電気通信連合憲章に規定する 無線通信規則(Radio Regulations、略称はRR)で規定される無線通信士証明書が必要とされる。 日本では、総務大臣が無線通信士に無線従事者免許証を交付する。これらの免許証は、無線通信士証明書でもある。 1989年(平成元年)11月には電波法改正により、無線従事者資格が海上、航空、陸上と利用分野別に再編 され、法令上では分野を冠することとなり、総合無線通信士(3種別)、海上無線通信士(4種別)及び航空無線通信士の3種類に大別された。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、無線通信士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。無線通信士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。