【職種】レポーターが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

レポーターの基本情報

仕事内容 現場で自分の見たものをどう伝えるかが勝負
平均年齢※ -
平均年収※ -
レポーターに関連する資格 気象予報士<国>コミュニケーション検定
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他のテレビ・ラジオ・映画に出演する仕事

レポーターの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

レポーターの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※レポーターとして現在仕事をしている方、もしくは過去にレポーターをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
レポーターのここが良い
レポーターのここが悪い
仕事内容の詳細
レポーターに対するあなたの状況

レポーターとは

リポーター、または、レポーターは、現地に行って取材をし、それを報告する人のこと。 英語の reporter (英語発音: [riˈpɔːrtər] リポータ)に由来し、各国語に外来語として取り入れられた。例えばフランス語には reporteur (フランス語発音: [rəpɔrtœːr] ルポルトゥール)という言葉があったが、英語から入った外来語として reporter (フランス語発音: [rəpɔrtɛːr] ルポルテール)も用いられている。 日本語には「記者」という言葉があったが、「レポーター」「リポーター」の双方の表記・発音で定着した。なお、日本新聞協会加盟の新聞社や放送局、日本雑誌協会加盟の出版社では「リポーター」に統一している。 概要・ジャンル 原義的には、手に入れた情報の加工を伴わない情報提供者も意味するが、一般的には「自ら取材した情報」を、新聞・テレビ・雑誌などのマスメディアを通して一般市民に伝えるのが仕事である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、レポーターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。レポーターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。