【職種】ナレーターが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

ナレーターの基本情報

仕事内容 映像に言葉をのせていく
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他のテレビ・ラジオ・映画に出演する仕事

ナレーターの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

ナレーターの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※ナレーターとして現在仕事をしている方、もしくは過去にナレーターをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
ナレーターのここが良い
ナレーターのここが悪い
仕事内容の詳細
ナレーターに対するあなたの状況

ナレーターとは

語り手(かたりて)とは、ある物語を語る、物語内の存在(人物等)である。また、小説で言うところの「地の文」の語り手である。ナレーター(Narrator)、語り部(かたりべ)とも称する。映画・ドラマ・演劇・小説など、あらゆる種類のストーリーテリングにおいて、作者・読者と並び重要な存在である。 作者は現実世界に生きており、フィクション(虚構)の創作を通じて物語内に現実とは別の世界や人物、事件を生み出す役割を果たす。読者も現実世界に生きており、フィクションの読解を通じて物語を理解する役割を果たす。これに対し、語り手は物語の世界におり現実世界に肉体を持たず、作者によって創造された存在であり、読者が理解しやすいように物語を説明する役目を果たす。 物語がノンフィクションである場合、語り手と作者は同一人物である場合が多く、物語内の世界と現実世界は一致するが、フィクションである場合は語り手は物語内にしかいない存在である。 語り手という概念 西洋において小説が勃興した19世紀、「語り手」という概念や、後に「信頼できない語り手(unreliable narrator)」と呼ばれることになる概念が重要なものとなった。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、ナレーターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。ナレーターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。