【職種】映画監督が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

映画監督の基本情報

仕事内容 役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる
平均年齢※ 100歳
平均年収※ 3000万円以上
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 5.0000 [5点]
給料 5.0000 [5点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 5.0000 [5点]
将来性 5.0000 [5点]
安定性 5.0000 [5点]

その他の映像・映画作りの仕事

映画監督の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)

まだ、投稿がありません。

映画監督の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※映画監督として現在仕事をしている方、もしくは過去に映画監督をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
映画監督のここが良い
映画監督のここが悪い
仕事内容の詳細
映画監督に対するあなたの状況

映画監督とは

映画監督(えいがかんとく)とは、映画の映像作成を統括する責任者で、TVではディレクターとも呼ぶ。一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる。 テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」、「ディレクター」という言葉が用いられるが、「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまったドキュメンタリー作品の監督のみを意味することが多い。商業映画であれば何百という人間が動くが、「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその立場は重要で、程度の違いこそあれ制作現場では作品創作全体の統一のための権力を有しているが、映画は創作者集団による総合芸術であり、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合「制作者」は俳優やプロデューサーや監督以外にも制作創作スタッフ全体がその対象となる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、映画監督の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。映画監督の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。