【職種】グラフィックデザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

グラフィックデザイナーの基本情報

仕事内容 広告やポスターなど印刷物をデザインする
平均年齢※ 32.6歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
グラフィックデザイナーに関連する資格 DTPエキスパート認証試験DTP検定Illustrator(R)クリエイター能力認定試験Photoshop(R)クリエイター能力認定試験POP広告クリエイター技能審査試験アドビ認定エキスパート【ACE】情報検定(情報デザイン試験)【J検】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (164件) 2.3000 [2.3点]
給料 2.0000 [2点]
やりがい 3.7000 [3.7点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 2.2000 [2.2点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

グラフィックデザイナーの仕事の本音一覧

全部で164件の投稿があります。(121~130件を表示)
<<前へ   8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>
投稿者名 skyler        投稿日時:2010/09/14 03:54:22
年齢・性別 43歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 アメリカの中規模企業内の小規模な宣伝部でアートディレクターしてます。デザイナーを育てながら内部クライエントの要望分析、最終プロダクトまでみています。大規模なデサインスタジオよりプロダクションの流れがみえてやりがいがあります。
この職業・職種のここが良い 最終的に使用されるかは別にして自分の個性/才能が発揮出来る。難問を解く面白さ。狭い様に見えてトレーニング次第で多数の道がある。才能/ビジネスセンス次第で、プロダクション、デザイナー、ディレクターへ。実力と努力がかわれる職種だと思います。学生の方、インターンで現実を学んで下さい。
この職業・職種のここが悪い 悪いと言う訳ではないが、働く限り常に新しいソフト、多少のIT知識は自分から学ばなければ成らないので、やる気の無い人は落ちて行く。競争率が高く、景気に左右される職種。上に上がるにつれて、ビジネスが中心と成る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 riri        投稿日時:2010/08/19 01:36:33
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 紙・WEBサイトのディレクション&デザイン
ファッション関係のブランディング。
家電メーカーのブランディング。
この職業・職種のここが良い 30歳まではクライアントに自分なりの提案で
デザインを追求して認められて嬉しい。
この職業・職種のここが悪い 30歳を越えると デザインが認められて嬉しいだけでは
食えない事に気づき、売り上げという重圧に耐えられなくなり
独立か大手のディレクターへ転職を考えるも・・・。

景気が悪すぎて 何処もクリエイティブ切りで
35歳を目前に改めて将来性の無い仕事と実感。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中12人
投稿者名 松永 安部志        投稿日時:2010/08/10 12:51:49
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザインを作り続ける
この職業・職種のここが良い やればやっただけ能力が伸びる
誰にでもできる仕事ではないので才能を発揮している実感がある
アイデアが出たときにうれしい、出力したときに充実感、クライアントに喜ばれてうれしい。後日クライアントから評判がいい事を聞いてうれしい。賞が取れてうれしい。最大でこの5つのうれしいポイントがある。1つの仕事で全部経験できると幸せを感じる。
この職業・職種のここが悪い 人生が嫌になる
何もかもが嫌になる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 マイクタイソン        投稿日時:2010/05/19 16:30:43
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人が書いていることと同じ。
この職業・職種のここが良い 皆が皆言うように
想像する事の楽しさ。
案件はいろいろあるが、自分のモチベーション、姿勢さえ保てれば、デザインすることは夢にあふれ、やりがいがある。
この職業・職種のここが悪い 自分は大手で働いたことがないので、いちデザイン事務所の性質しかわからないが、人を育てることに長けている上司は少ないと思う。人気の職業ということもあり切り捨て感覚もあるトップもいる。自分は部下に未来を持たせることを常に意識しています。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 yuna        投稿日時:2010/05/12 23:36:23
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デザイン会社でデザイナーとして勤務
この職業・職種のここが良い ある程度経験をつめば、スケジュールも自分で管理出来る。
他人からは派手で華やか?に見えるらしい。
常に、新しい発見がある。
もの作りに関する人達との繋がりができる。
この職業・職種のここが悪い 不景気がもろに影響。
拘束時間、作業時間がどうしても長いので体調、メンタル面を壊しやすい。
基本、大手でも無い限り薄給。
仕事とプライベートの差がはっきりしない。
全部とは言わないが、デザイナーは変わり者が多い(コミュニケートできない人達)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 アンコロ        投稿日時:2010/05/01 16:51:12
年齢・性別 22歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 カタログ・ロゴマークなどの制作。
この職業・職種のここが良い 結局は毎日同じことの繰り返しだが、他の仕事よりは毎日違った内容の仕事ができるので飽きない。
完成した物を見たときに感動できる。
終わりがないのでずっと成長できる。
この職業・職種のここが悪い 拘束時間が長い。
他の業種とくらべて給料が安い。
会社からの評価の仕方が平等でない。
紙媒体は縮小するいっぽうで未来がない。
遊びに出かけても街にあふれている印刷物のデザインが気になってしまって、気がついたら仕事のことを考えてしまっている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中7人
投稿者名 かちゅやん        投稿日時:2010/04/26 19:48:18
年齢・性別 25歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ■メーカーのパッケージ・リーフレット・カタログ・POP・ディスプレイなどのデザイン。

■代理店で流通メインでディスプレイ・パッケージ・POP・ポスターなど
+前職の仕事(現会社に黙って)
この職業・職種のここが良い 制作物の効果を目の当たりにしたとき。
※自分の手がけたパッケージが他社の同じ様な製品に勝つなど
やればやるだけスキルが伸びる。
コレだけ。
この職業・職種のここが悪い ■自分の意図した事がクラに伝わらないとしんどい。慣れては来るが。
■好みでのクラの発言。
■労力が目に見えづらい。
■職場の色に染まると次のステップに進みづらい。それを補う為に頑張る→寝不足
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 のら        投稿日時:2010/04/17 12:20:04
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 2 [2点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 アパレルブランドのDM、ショップツール、ブランディングデザイン。書籍デザイン。プロダクトデザイン。インテリアやショップ内装のデザイン。美術館のツール、内装サインのデザイン。
この職業・職種のここが良い 活動にかきねがない。何にでも繋がって行ける。
アートではなく、ビジネスなのが面白い。
上質で、ハイクラスなものに囲まれて仕事ができる。刺激のある毎日。
人間が触れるもの全てに、デザインは関わっていると思います。紙かwebか、というような問題ではなく、とても広域な世界です。
この職業・職種のここが悪い 毎日終電か始発で帰宅してます。
身体に悪い生活。いつ誰が倒れてもおかしくない。
パーティーがやたら多く、ドレスとかの出費がいたいです。
良くも悪くも実力社会。クビにされる人もしばしば。
忙しすぎて、友達減ります。でも、仕事ができるようになれば、もっと楽になるはず。自分次第。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 mine        投稿日時:2010/04/07 18:50:35
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 年中デザインの事を考えて、引き出しを持っている事が大切。
家庭をもち、一生これで食べてくなら
同じ会社でずっと働いて現場のトップを目指すか、
フリーで独立の二択だと思う。
この職業・職種のここが良い 制作に没頭できる
確実にデザイン力があがっていく実感
他業種で重宝される
この職業・職種のここが悪い 労働時間が長くストレスがたまる
給料が安い
クライアントと心を通じ合わせるまで触れ合わないと
モチベーションが維持できない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中2人
投稿者名 ama        投稿日時:2010/02/26 19:26:58
年齢・性別 37歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 1 [1点]
グラフィックデザイナーに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ★会社のコンサルティングから広告物全般の制作
★ブランディングデザイン
良いデザイン作っても、代理店が満足してくれても、
結局は広告によって消費が伸びなければ意味がない。
難しいけど、その辺がオモシロイ。
この職業・職種のここが良い ★自分が関わった制作物によって、顧客の売上が伸びた時=実績に貢献できてやりがいを感じる。
★使命で仕事をもらえる時
★コンサルティング的なアドバイスを生かしてもらった時
この職業・職種のここが悪い ★デザインはオーダーメイド商品なので受注しにくい
★デザイン(趣味的好きなこと)を、ビジネス(時間単価や売上)の感覚を保つことが難しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
<<前へ   8  9  10  11  12  13  14  15  16  17     次へ>>

グラフィックデザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※グラフィックデザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にグラフィックデザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
グラフィックデザイナーのここが良い
グラフィックデザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
グラフィックデザイナーに対するあなたの状況

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナー(英: graphic designer)とは、写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。 アートディレクター、エディトリアルデザイナー、写真家などを兼ねることも多く、組版、イラストレーション、ユーザインターフェース、ウェブデザインなども担当する場合があるが、専門職に委ねられる場合もある。パンフレットや広告のような出版・印刷される媒体、もしくはwebサイトのような電子的な媒体のためのグラフィックを主に作成する。 ただし,厳密には“graphic-”という形容詞自体が「印刷の- 図案の-」という英語的意味を持つため,WebデザイナーやUIデザイナーは「Webクリエイター」「CGグラフィッカー」と区別されるべきものである。 日本では「デザイン」あるいは「デザイナー」という名称は商業目的を指す事が多いため、画家はグラフィックデザイナーと区別されることを望む。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、グラフィックデザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。グラフィックデザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。