【職種】舞台機構調整技能士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

舞台機構調整技能士の基本情報

仕事内容 すべての観客に臨場感ある音を提供
平均年齢※ 46歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 2.4000 [2.4点]
給料 4.0000 [4点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 2.0000 [2点]
将来性 1.0000 [1点]
安定性 1.0000 [1点]

その他のコンサート・イベント関係の仕事

舞台機構調整技能士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 何でも屋さん        投稿日時:2011/02/07 20:59:54
年齢・性別 46歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
舞台機構調整技能士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 現在の公共ホールで財団専属プロパー職員として26年間施設管理をしております。
規制緩和で、公的施設も民間会社が経営できるようになりました。
私も技能士1級を保有してますが、照明・音響技術者等々のスキルがないと、最低、関係業種に勤まらないと思います。私は、電検3種/消防設備士/衛生管理等々ごちゃごちゃ持ってます。
音作りの芸術家達による異色なお仕事なので、割り切りが必要かと思います。
この職業・職種のここが良い 劇場や公共ホールなどに勤められる。
この職業・職種のここが悪い 専門職だけでは生計が成り立たない。
複合的なスキル・資格を要する。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人

舞台機構調整技能士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※舞台機構調整技能士として現在仕事をしている方、もしくは過去に舞台機構調整技能士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
舞台機構調整技能士のここが良い
舞台機構調整技能士のここが悪い
仕事内容の詳細
舞台機構調整技能士に対するあなたの状況

舞台機構調整技能士とは

舞台機構調整技能士(ぶたいきこうちょうせいぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で都道府県職業能力開発協会(問題作成等は中央職業能力開発協会)が実施する、舞台機構調整に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 舞台機構の調整に必要な技能を認定する国家資格(名称独占資格)である。 等級には、1級~3級まであり、それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者が通常有すべき技能の程度と位置づけられている。 なお職業能力開発促進法により、舞台機構調整技能士資格を持っていないものが舞台機構調整技能士と称することは禁じられている。 実技作業試験内容(音響機構調整作業) 1級 作業試験:課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う。試験時間=30分 要素試験:CDに記録された種々の音を聞いて、音質等の判別について行う。試験時間=30分 2級 作業試験:課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う。試験時間=18分 要素試験:CDに記録された種々の音を聞いて、音質等の判別について行う。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、舞台機構調整技能士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。舞台機構調整技能士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。