【職種】工業デザイナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

工業デザイナーの基本情報

仕事内容 家電など工業製品を機能的で美しくデザイン
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他のグッズ・商品デザインの仕事

工業デザイナーの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

工業デザイナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※工業デザイナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去に工業デザイナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
工業デザイナーのここが良い
工業デザイナーのここが悪い
仕事内容の詳細
工業デザイナーに対するあなたの状況

工業デザイナーとは

『』より : インダストリアルデザイナーとは、工業製品のデザインを手がけるデザイナーのこと。工業デザイナーとも呼称される。 狭義には、いわゆる工業製品(具体的には自動車、航空機、船舶、家電製品、医療機器、業務用機器など)の意匠を担当する専門家のこと指すが、インダストリアル(industrial)という言葉が「工業の〜、産業の〜、産業界における〜」という意味の形容詞であるように、産業界に所属して産業に貢献するデザイナーはインダストリアルデザイナーであると言える。工業デザイン以外にも家具やパッケージなどを含んだ製品デザインを包括する概念としてプロダクトデザイナーがある。 かつては、大量生産される消費財を意図的に古臭く、時代遅れであるかのように感じさせ、次々と新しい形状の外観を与えて消費のスピードを加速させるためにインダストリアルデザイナーは利用された。 しかし近年においては資源やエネルギーなどの環境問題が深刻化し、産業のありかたそのものが見直されるとともに、インダストリアルデザイナーの役割にも変化が生じはじめた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、工業デザイナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。工業デザイナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。