【職種】画家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

画家の基本情報

仕事内容 絵画を通じて人々を魅了する
平均年齢※ 31.4歳
平均年収※ 700万円以上800万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (14件) 3.2000 [3.2点]
給料 3.4000 [3.4点]
やりがい 4.4000 [4.4点]
労働時間の短さ 2.6000 [2.6点]
将来性 3.6000 [3.6点]
安定性 2.2000 [2.2点]

その他のアート・写真に関する仕事

画家の仕事の本音一覧

全部で14件の投稿があります。(11~14件を表示)
<<前へ   1  2  
投稿者名 hukui        投稿日時:2011/09/26 20:23:47
年齢・性別 28歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
画家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 描く
この職業・職種のここが良い 食える
この職業・職種のここが悪い こもる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中9人
投稿者名 orange        投稿日時:2011/02/25 09:55:24
年齢・性別 36歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
画家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 すきに。
この職業・職種のここが良い 自分のやりたい事をやりたいようにやれる、というかやらなければならない。
この職業・職種のここが悪い はっきり言って画家という「職業」はない。食えない。商売人のような人はこの限りにあらず。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中7人
投稿者名 えみ        投稿日時:2010/06/11 09:49:24
年齢・性別 29歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 2 [2点]
画家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 家にこもって描く。営業能力が必要。教室なども開講している(多くが指導者も兼ねている)ので、教育に対する知識も必要。
この職業・職種のここが良い 自由に創作ができる。美しいものに囲まれて生活できる。意外にもひとに羨まれる。聞こえが良い。
この職業・職種のここが悪い 常に研鑽が必要。クリエイティブな仕事なので、創作に行き詰ったら苦しい。景気に左右される。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中16人
投稿者名         投稿日時:2010/03/23 10:06:44
年齢・性別 29歳(男性)
年収 300万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
画家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 えをかく
この職業・職種のここが良い ない
この職業・職種のここが悪い ない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中4人
<<前へ   1  2  

画家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※画家として現在仕事をしている方、もしくは過去に画家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
画家のここが良い
画家のここが悪い
仕事内容の詳細
画家に対するあなたの状況

画家とは

画家(がか)は、絵画を制作する者の総称である。日本画や洋画など、画風や画材・作成スタイルなどによって、様々なタイプの画家が存在する。画家たちで形成されるコミュニティー(社会)を画壇(がだん)という。 画家は現代においてこそ芸術家であるが、ルネサンス期やそれ以前においては、「絵を請われて描く」という基本行動からして職人であった。 更に遡ると、洞窟壁画などを描いた者にたどりつく。この壁画制作者は後世に当時の様子を伝える記録者であり、また同時に観察者でもあった。ただし壁画を描いた当時の者に観察者や記録者という意識があったわけではなく、「何故彼らが絵を描くという行為に臨んだのか」という疑問には不明確な面が多い。その一端には、「原始宗教における儀式的な行為として、食料となる狩りの獲物を描くことによってこれを安定的に得ようとする意図があった」「死者を弔う際、葬られた者が寂しくないよう墳墓(古墳など)の内部に装飾を施したり、呪術的な力で魂を導いたり復活を願った」などの推測が考古学の研究でなされている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、画家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。画家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。