【職種】システムアナリストが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

システムアナリストの基本情報

仕事内容 効率アップのためのシステムを企画
平均年齢※ 100歳
平均年収※ 3000万円以上
システムアナリストに関連する資格 公認情報システム監査人【CISA】Linux技術者認定試験【LPIC】Java SE7 認定資格オラクルマスターシスコ技術者認定マイクロソフト認定プログラム【MCP】IT パスポート試験<国>IT ストラテジスト試験<国>CCNA【Cisco Certified Network Associate】XMLマスター情報セキュリティスペシャリスト試験<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (2件) 5.0000 [5点]
給料 5.0000 [5点]
やりがい 5.0000 [5点]
労働時間の短さ 5.0000 [5点]
将来性 5.0000 [5点]
安定性 5.0000 [5点]

その他のコンピュータを扱う仕事

システムアナリストの仕事の本音一覧

全部で2件の投稿があります。(1~2件を表示)

まだ、投稿がありません。

システムアナリストの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※システムアナリストとして現在仕事をしている方、もしくは過去にシステムアナリストをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
システムアナリストのここが良い
システムアナリストのここが悪い
仕事内容の詳細
システムアナリストに対するあなたの状況

システムアナリストとは

システムアナリスト試験(しすてむあなりすとしけん、Systems Analyst Examination、略称アナリスト、略号AN)は、情報処理技術者試験にあった区分である。当時の高度情報処理技術者で最高のレベル5の区分の一つであった。 合格率は年を経る毎に上昇傾向にあった。 沿革 平成6年 (1994年)秋期より年一回実施、年齢制限は受験する年の4月1日時点で27歳以上、受験に際し業務経歴書(経歴の無い者は「業務経歴なし」と記した書類)の提出を要した。 平成13年(2001年)制度改正に伴い年齢制限と業務経歴書の提出を撤廃、午前の試験時間短縮及び出題数減少。 平成17年(2005年)午前の試験時間延長及び出題数増加。 平成20年(2008年)秋期を最後に廃止、後身は上級システムアドミニストレータ試験と統合されたITストラテジスト試験。 形式 午前試験時間100分。四肢択一式(マークシート使用)で55問出題され、全問解答。IRT(項目応答理論)によって、最低200点~最高800点の5点刻みで採点され、600点以上で合格(午前試験通過)である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、システムアナリストの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。システムアナリストの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。