【職種】建築士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

建築士の基本情報

仕事内容 建築物の設計・デザインから施工監理まで
平均年齢※ 38.3歳
平均年収※ 700万円以上800万円未満
建築士に関連する資格 【資格】二級建築士<国> 【資格】一級建築士<国> 【資格】木造建築士<国> 商業施設士CADトレース技能審査2次元CAD利用技術者試験建築CAD検定試験建築設備士<国>建築施工管理技士<国>福祉住環境コーディネーター検定試験(R)
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (18件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 4.1000 [4.1点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 3.2000 [3.2点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の建築・土木系の仕事

建築士の仕事の本音一覧

全部で18件の投稿があります。(11~18件を表示)
<<前へ   1  2  
投稿者名 36        投稿日時:2015/11/06 06:39:53
年齢・性別 36歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 意匠設計(基本、実施)監理、家具設計、申請図書作成
この職業・職種のここが良い 好きなところで働けたら楽しい
この職業・職種のここが悪い 独立してもどうやってやりたい仕事を取ればいいのかがわからない。



給与は会社によりまちまち(以前耐震診断の設計事務所にいたときは年収600万。



現在は、

工務店の下請け仕事の施工図担当と、住宅の設計、監理で年収360万円。

多くはないが融通がきき、また結婚しているためまぁいいかなと。でも自分で独立してやりたい仕事をやりたいという気持ちがある。(工務店は一級建築士事務所ではないので、工務店の繁忙期には、兼任も可かと)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
投稿者名 ぺろりん        投稿日時:2015/07/30 02:19:20
年齢・性別 40歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 設計、建築基準法の過去の履歴調査、物件調査、役所との折衝、人脈を広げる
この職業・職種のここが良い 大手会社の建物長期管理の総括にありつけりゃ食いっぱぐれは無い。監理でないところが寂しいが。。あと人脈を広げれば大きい仕事が入りやすい。こっちは当然監理仕事になる。
この職業・職種のここが悪い 忙しい時は家に帰れない事は日常、とにかく知識が必要。役所との折衝では地方ごとに主事のレベルが違うので楽であったり、面倒であったり。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 一級建築士        投稿日時:2015/06/05 11:24:28
年齢・性別 32歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 設計
この職業・職種のここが良い 株式会社設立でローンができ事務所兼、家を建てれる!
この職業・職種のここが悪い なし
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中6人
投稿者名 MI MI SHYO        投稿日時:2015/02/12 18:55:54
年齢・性別 57歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 設計・プラン作成などたくさん
この職業・職種のここが良い 給料いい
この職業・職種のここが悪い
覚えることが、多い

残業多すぎる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中6人
投稿者名 ホイホイ        投稿日時:2013/07/27 13:07:23
年齢・性別 37歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 プラン作製、法規の確認、実施設計、現場監理・・・
ここに書ききれないくらいあります。
この職業・職種のここが良い 自分の作品がのこせる。 また、過去に設計した建物をこっそり見に行ったとき、とても大切に建物を使用されている感が見受けられた場合なんだかとてもうれしい気分になれる。
※私たちは建物をみれば大切に使用しているか、適当にしているのは一目で分かるから。
この職業・職種のここが悪い とにかく残業残業残業・・・・・・・
納期守るのに必死!!
家族サービスが疎かになりがち。 日曜出勤もざらで、子供の運動会に行けなかったときはホント可哀想な思いをさせた。 あと、知ったかぶりするヤツも相当多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中19人
投稿者名 たい        投稿日時:2011/10/06 17:06:47
年齢・性別 33歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
建築士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 楽しい
この職業・職種のここが良い かっこいい
この職業・職種のここが悪い こわい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:42人中7人
投稿者名 なるあ        投稿日時:2010/08/16 20:39:26
年齢・性別 41歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 建築(主に大規模施設)の設計監理。
この職業・職種のここが良い とにかくやりがいがある。
自分の設計した建物が建つこと。
いろんな業種(建物を建てるうえでの)のリーダーとなって仕事を完遂させる。
この職業・職種のここが悪い 仕事上いろんな困難がある。寝れないときも多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中17人
投稿者名 ゆき        投稿日時:2010/01/23 19:01:00
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
建築士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 あらゆる事を知っている必要がある
この職業・職種のここが良い 作品が残る
この職業・職種のここが悪い 収入が少ない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中6人
<<前へ   1  2  

建築士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※建築士として現在仕事をしている方、もしくは過去に建築士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
建築士のここが良い
建築士のここが悪い
仕事内容の詳細
建築士に対するあなたの状況

建築士とは

建築士(けんちくし、英語: Architect)とは、建築物の設計及び工事監理を行う職業、あるいはその資格を持った者である。 欧州の産業革命により発展した工業技術は明治維新の日本に持ち込まれ、それまで木造が主流であった日本に組石造や鉄筋コンクリート造の建築物が建てられるようになった。 従来の日本では大工の棟梁が設計と施工を統括していたが、欧州では設計と施工の職域が独立していた。 明治維新の先進的な建築では技術の見識を持つ建築家が設計を担当し施工者を指導して目的の性能を持つ建築物を完成させる分業が始まった。 その後は鉄骨造や幕構造など建築の構法が多様化し職域の専門化と分業化が進んでいる。 近年では意匠と構造と設備に独立した統括者を置くなど設計監理業務が組織化し企業化する傾向にある。 建築物の製造者責任と完成後の維持保全についても社会的関心が高まり、資格者である1人の建築士が全ての責任を負うべきか議論が必要になっている。 建築物の大規模化や複雑化が進むことで建築統括者の役割が必要となる。やがてアーキテクトと呼ばれる職業が生まれたが、その後資格の問題が生じた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、建築士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。建築士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。