【職種】酪農家が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

酪農家の基本情報

仕事内容 おいしい牛乳や食肉などを生産するため家畜を育てる
平均年齢※ 33.2歳
平均年収※ 500万円以上600万円未満
酪農家に関連する資格 家畜人工授精師<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (75件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.4000 [2.4点]
やりがい 3.5000 [3.5点]
労働時間の短さ 2.1000 [2.1点]
将来性 2.5000 [2.5点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の農業・畜産関係の仕事

酪農家の仕事の本音一覧

全部で75件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 助さん        投稿日時:2017/02/21 21:58:38
年齢・性別 44歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
酪農家に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 搾乳、餌やり、糞掃除、畑仕事、が主。
この職業・職種のここが良い 自分のぺースで仕事ができる。
牛を可愛がるほど、愛情を注ぎたくなる。
苦労もそこで軽減されるのだろうと思う。
皆さんそれぞれが社長なわけなので、頑固な方は多くなりますが、変わってる訳ではないと思います。
自分しだたいで、どうにでもなる所。
この職業・職種のここが悪い 軌道にのるまでに、時間がかかりすぎるのかなと思う。
牛乳が生産されるまでに、経費が掛かりすぎる。
世の中のシステムが何か間違っていると思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中8人
投稿者名 日本ではそのうち消える仕事        投稿日時:2017/02/17 00:03:57
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
酪農家に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 文字通りクソ仕事
この職業・職種のここが良い あの大きさの牛たちに懐かれるととてもかわいく思える
そんだけ
この職業・職種のここが悪い 高慢 すれた性格 非常識 内輪でなあなあ
従業員はあんたらの家族ルールには馴染めないのでどうか従業員を雇わずに家族だけで経営できる規模に縮小してください
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中18人
投稿者名 ○○ポーク        投稿日時:2017/01/29 22:17:18
年齢・性別 37歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
酪農家に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細  餌やり、出荷移動等、糞のそうじ、分娩介助、壊れたヶ所の修理、畜舎周りの除雪
この職業・職種のここが良い  やりがいがあると思ったが初めの頃だけだった。
この職業・職種のここが悪い  若い後継者がいなくて近所の畜産家も廃業していき、職場の従業員も自分一人になった。人と接する機会が極端に減った。
 経営者家族は地域の用事等ですぐいなくなるし、だんだんこなくなる。
 
 
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中13人
投稿者名 サイタマ        投稿日時:2017/01/27 14:19:11
年齢・性別 40歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 家族経営の搾乳40頭前後の規模です。餌やり、搾乳、保育、堆肥の処理、牧草の植え付け、収穫など作業全般です。
この職業・職種のここが良い 経営のやり方しだいで、作業も楽で短時間で終わり、お金も稼げます。

この職業・職種のここが悪い 経営のやり方が悪いと、作業もキツく、長時間労働で、お金も儲かりません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:38人中26人
投稿者名 赤鬼        投稿日時:2017/01/25 13:59:22
年齢・性別 37歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 搾乳、餌やり、牛舎掃除など
この職業・職種のここが良い 特にない
この職業・職種のここが悪い ブラック企業
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 飼殺し        投稿日時:2017/01/21 23:52:03
年齢・性別 41歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 搾乳 掃除 人工受精
この職業・職種のここが良い 牛が可愛い
この職業・職種のここが悪い 基本ブラック。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 牛はかわいい        投稿日時:2016/12/15 14:31:32
年齢・性別 23歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 給餌 掃除 みんながやりたくない雑用
この職業・職種のここが良い 服装髪型など容姿自由 それぐらいしかない
この職業・職種のここが悪い ボーナス無い
残業代出ない
まともな人間が居ない暗い人癖のある人ばかり
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:22人中18人
投稿者名 よしき        投稿日時:2016/12/15 02:52:14
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・養鶏に関する業務全般(ワクチン接種、給餌管理、飲水管理、機械修理、糞・死亡鶏の処理、卵のパック詰め、出荷等)
この職業・職種のここが良い ・鶏の育成状況によって日々仕事が変化する
・生き物の成長が目に見える
・食のルーツに触れられる
この職業・職種のここが悪い ・年中無休のため休みがない
・残業、早出は当たり前
・給料が少ない
・人間ではなく、鶏や機械の都合に合わされる
・3k
・忙しい時期と暇な時期の差が激しい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中6人
投稿者名 ジャイアン        投稿日時:2016/11/09 13:12:43
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 搾乳 餌くれ 掃除
もう辞めたいこんな仕事
この職業・職種のここが良い 雇われの身には良いことはあまり無い
この職業・職種のここが悪い 先祖代々からの地盤があり経済的にもそれほど困窮せず、365日24時間を家族だけの閉じられた環境で公私ともに過ごせて、跡を継ぐように大事に大事に育てられた長男坊が事業主なのだから、自己中で非常識な奴が多いのも納得できる。中国人みたいだ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:34人中31人
投稿者名 鶏肉大好き男子        投稿日時:2016/09/21 21:35:26
年齢・性別 28歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
酪農家に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 完全な鶏肉専門です。
ブロイラー式で卵とか取らないタイプの農家さんです。

鶏舎の洗浄、消毒、ぬか入れ、温度湿度管理、ひよこの買い付け、餌やり、水やり、ワクチン、空調管理、死鳥拾い、淘汰選別、出荷、鶏糞再利用、などなど色々あります。

鶏舎は必ず洗浄して消毒して乾燥させてからぬか入れします。
初期の衛生管理と温度湿度管理をしないと繊細なひよこは赤ちゃんなので直ぐにダメになっちゃいます。なので暖かく囲って育てます。
ひよこの買い付けは、健康な個体や種類がベストです。
餌も食い付きがいい餌と悪い餌があります、それを食べさせることによって健康になったり、美味しくないから食べなさすぎて不健康になったりします。新鮮な冷たいお水とぬるいお水だと、飲み方が違うので見ててとっても面白いです。
ワクチンはお薬なので業者さんに頼みます。
ある程度大きくなると空調管理が大切になります。新鮮な空気をファンなどで取り込み、鶏舎内に風の流れを作ります。
( 鶏は衛生、温度、湿度、空気の流れ 、餌と水の品質など管理する事で肉質が変わったりします。もちろん季節によっても管理方法が変わります。)
あと、どうしても沢山の鶏をいっぺんに育てると、ストレスやちょっとした病気などで死んでしまう事があります。これ以上成長を見込めない鶏がいたら、心を鬼にして淘汰します。
年に一度でもいいのできちんと必ず供養してあげましょう。この気持ちが一番大切です。絶対に命を粗末に扱わない!全部食べる勢いで育てます。
出荷するときは「本当にありがとう!鶏達よ!」と言う感謝の気持ちで送り届けます。

今現在は、ボタンをポチッと押せば美味しい餌やお水が沢山の鶏さんに与える事が出来ます、温度、湿度、空調もボタン一つです。でもそこまで到達するには莫大な費用がかかります。
その設備をどれだけ最新の物にしても、病気になれば一発でアウトです。
鶏農家をすると、色んな業者さんが関わっている事が良くわかります。自分では、どうしようも出来ない事を業者さんがしてくれます。業者さんを蔑ろにする人は生き物もましてや自分の仕事さえも蔑ろにできる人だと思っています。
きちんと業者さんと向き合い、話し合い、何かしらの方法で解決して、初めて良い鶏肉が消費者の元に届くという事を理解して欲しいです。消費者の方は手羽先の先まで食べて欲しいです。
鶏を育てるという事は、牛さんや羊さんの酪農さんよりも、かなりシビアで厳しいのが現状です。ましてや何処かでインフルエンザが到来した暁には神経を擦り減らし、眠れぬ夜を過ごします。ネズミやスズメ1匹たりとも鶏舎内に入れないように徹底します。

鶏が大好き!鶏を食べたい!そうだ!鶏農家になろう!!
と思う方が居るのなら、
将来の事、家族の事、環境の事、衛生の事、お金の事、業者さんの事、土地の事、地域貢献の事、
きちんと真剣に考えて、覚悟が出来てから鶏農家になってください。マジで。
この職業・職種のここが良い 鶏肉とっても美味しい!余す所がない食材!
ひよこを横から見るとチョコボみたい、俺はチョコボ農家か!
成長速度が速いから観察し放題!見てて癒される。観察を習慣付けたら病気も怪我も発見しやすい!
どれほど良い鶏に仕上げられるかが面白い!
休みがない代わりに自由時間結構ある、けど管理に追われる!
以外と充実してるかも?
この職業・職種のここが悪い インフルエンザきたら即アウト。莫大な借金しちゃう。マジ不安。
管理が激ムズ、天気予報と要相談。たまに外れたりするとショボンってなる…。
季節に応じて管理方法を見直したり対応したりする。
真夏とか鶏舎の中が灼熱のアンモニアハウス。
下着とか服とか長靴とか軍手とか直ぐ汚れる。
1日に4回くらいシャワー浴びないとヤバイほど汚れる。
衛生管理を常に意識しないといけない。←かなり重要
停電したら大型のバッテリー動かさないとヤバイ。
死鳥がいないか機械に不備がないか鶏舎内を歩き回る。脱水症状に要注意。
たまに雄にケンカ売られる。怪我するから戦わない。
出会いがないかも……鶏と俺を愛してくれる可愛い娘さん欲しい。( 切実 )
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:37人中17人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

酪農家の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※酪農家として現在仕事をしている方、もしくは過去に酪農家をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
酪農家のここが良い
酪農家のここが悪い
仕事内容の詳細
酪農家に対するあなたの状況

酪農家とは

酪農(らくのう)とは、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産する畜産をいう。 その歴史は古く、人類が狩猟生活から農耕生活に入ったのと同時期に、こうした酪農、畜産も始まったといわれる。移動しながらの遊牧も行われるようになった。 「酪」は、古代メソポタミア語で濁り酒の意。 冷涼な高地が乳牛飼育に向いた土地。一軒につき数頭から数百頭の乳牛を、牧場等で放牧したり畜舎で飼育する。日本では放牧主体の酪農はほとんど行われておらず、約74%がスタンチョン(牛の首の部分をはさんで繋いでおく道具)やタイストール(牛をチェーンで繋ぐ方式)での繋ぎ飼いであり、約25%は牛舎内での放し飼い(フリーストールやフリーバーン)であり自然放牧による酪農は2%に満たない。 氷河期に氷床に覆われていた地域では、氷河が地表の土壌を侵食したため、土地がやせているが、牧草の栽培は可能であり、酪農が展開される。 搾乳 乳牛はいかに多く搾り取るかを最大の課題とされ、改良が進められた結果、現在では1日の泌乳量が60キログラムにまで達している。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、酪農家の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。酪農家の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。