【職種】メイクアップアーティストが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

メイクアップアーティストの基本情報

仕事内容 タレントなどのメイク担当から特殊メイクまで
平均年齢※ 24.7歳
平均年収※ 300万円未満
メイクアップアーティストに関連する資格 【資格】IBF国際メイクアップアーティスト認定試験 日本メイクアップ技術検定カラーコーディネーター検定試験(R)色彩検定(R)Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーAjesthe認定フェイシャルエステティシャン
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (3件) 3.2000 [3.2点]
給料 2.3000 [2.3点]
やりがい 4.7000 [4.7点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 3.3000 [3.3点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他のメイク・ネイル・エステの仕事

メイクアップアーティストの仕事の本音一覧

全部で3件の投稿があります。(1~3件を表示)
投稿者名 ラン        投稿日時:2012/12/16 01:31:59
年齢・性別 26歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
メイクアップアーティストに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 ・テレビ局内のヘアメイク
この職業・職種のここが良い ・有名人にあえる
・やりがいがある
・色んな世界がみえる
この職業・職種のここが悪い ・給料が安い
・イジメ、派閥があって大変だった(メイク事務所内)
・婚期をのがしてそぅな先輩が多い。40代独身
・気を使う
・スピード勝負
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 うは        投稿日時:2011/03/09 14:11:38
年齢・性別 25歳(女性)
年収 300万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
メイクアップアーティストに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 服に合わせたメイク
この職業・職種のここが良い たのしい
この職業・職種のここが悪い 疲れる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中14人
投稿者名 ちあき        投稿日時:2009/02/28 20:49:12
年齢・性別 23歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
メイクアップアーティストに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 モデルたちにお化粧
この職業・職種のここが良い たのしい!!好きならするべき!!
この職業・職種のここが悪い やっぱりすぐは、給料が安いので
一人暮らしはたいへん。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:60人中56人

メイクアップアーティストの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※メイクアップアーティストとして現在仕事をしている方、もしくは過去にメイクアップアーティストをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
メイクアップアーティストのここが良い
メイクアップアーティストのここが悪い
仕事内容の詳細
メイクアップアーティストに対するあなたの状況

メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティスト(Make-up artist)とは、テレビ、映画、CM、雑誌、舞台、ファッションショーなどで、タレントや出演者にメイクを施す技術者のこと。 テレビや舞台、映画のほか、化粧品やブライダル専門の会社などで活躍することが多い。 メイクといっても、単に美しいメイクをするだけでなく、状況・役柄・服装といったさまざまな条件に合わせて、メイクを施す。 そのためメイクに関する知識・技術にとどまらず、肌や骨格、トータル美容などの幅広い知識、ファッションセンス、流行をとらえる感性、想像力などが要求される。仕事に合わせてさまざまな知識をとりいれ、絶えず研究する姿勢も必要で、メイクと同時にヘアを担当することも多いので、ヘアスタイリングの技術も身につけている技術者もいる。 1970年代以前のテレビや映画、ファッションショーなどの出演者、モデル等のメイクアップは主に美容師が担っていた。 当時テレビ局内にはメイクアップアーティストが出演者にヘアメイクをする美粧室が設けられていたことから「美粧さん」と呼ばれていた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、メイクアップアーティストの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。メイクアップアーティストの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。