【職種】ベビーシッターが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

ベビーシッターの基本情報

仕事内容 英語や音楽など学習指導をするシッターも
平均年齢※ -
平均年収※ -
ベビーシッターに関連する資格 英国チャイルドマインダー幼児リトミック指導員リトミックインストラクター認定ベビーシッター保育士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の保育・教育の仕事

ベビーシッターの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

ベビーシッターの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※ベビーシッターとして現在仕事をしている方、もしくは過去にベビーシッターをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
ベビーシッターのここが良い
ベビーシッターのここが悪い
仕事内容の詳細
ベビーシッターに対するあなたの状況

ベビーシッターとは

ベビーシッター(英語: Babysitter)とは、母親に成り代わって乳幼児の世話をする人をいう。 イギリスのヴィクトリア朝の裕福な家庭では、乳幼児の育児係の若い女性を雇う習慣が広くいきわたり、そういう女性をナース、もしくはチャイルド・ナースと呼んだ(メイド#英国(主にヴィクトリア朝)におけるメイドの種類参照)。チャイルドがついたのは、病人の看護をするナースと区別するためである。ウェット・ナース、ドライ・ナースと使い分ける場合もある。「ウェット」が、乳幼児の世話をするナースである(おしめやミルクなど濡れたものに触れる機会が多いため)。これらのナースという英語表現は、16世紀までは専ら乳母を意味しフローレンス・ナイチンゲールが近代看護の看護学校を立て上げる以前から使用されていたもので、「看護師」とそのままに訳してしまうと誤解を招く。上記のナースは、しばしば上流階級の家庭に住み込みで働いたものである。 のち、ナニーと呼ばれるイギリス独自のベビーシッターの職業が定着し、その養成校も設立された。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、ベビーシッターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。ベビーシッターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。