【職種】薬剤師が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

薬剤師の基本情報

仕事内容 薬の調剤をはじめ、薬品の研究や開発も行う
平均年齢※ 37.4歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
薬剤師に関連する資格 【資格】薬剤師<国> 毒物劇物取扱責任者<国>登録販売者<国>ヘルスケアアドバイザー健康管理能力検定1級
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (25件) 3.2000 [3.2点]
給料 3.1000 [3.1点]
やりがい 3.0000 [3点]
労働時間の短さ 3.5000 [3.5点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の薬に関する仕事

薬剤師の仕事の本音一覧

全部で25件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3     次へ>>
投稿者名 ゲバラ        投稿日時:2016/02/22 13:13:45
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 医師の処方箋に基づく調剤。
掛け算ができることが必須。
この職業・職種のここが良い 出来損ない大学の薬学部乱造で、バカでもなれるようになった。国家試験は簡単。それでも資格が取れるとこはいいかもな。仕事は楽っちゃ楽かな。
この職業・職種のここが悪い バカでもなれる。バカでもできる仕事。重要なところはすべて医師の判断、指示が必要で、自分の知識や考えを入れる部分はほとんど無い。指示通りにする仕事。国公立や有名私立薬学部でた人がやる仕事ではない。社会的地位は学生以下。自分の子供にはさせない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中9人
投稿者名 アイス        投稿日時:2016/02/18 15:49:42
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
薬剤師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 薬の調剤。
この職業・職種のここが良い 薬についていろいろ知れる。看護師とも協力し
仕事をしている。
この職業・職種のここが悪い 仕事が多い。医者のプライドがたかくコミニュケーションが大変。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中9人
投稿者名 チョロス        投稿日時:2015/12/10 23:16:28
年齢・性別 28歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 調剤
服薬指導
各チーム医療
研究
この職業・職種のここが良い 専門性を持てば、医師と肩を並べて仕事をできる。
看護師から頼られる。
やりがいがある。
この職業・職種のここが悪い 結局は医師の指示のもと。
プライドが高い人が多い。
コストパフォーマンス悪すぎ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 ワイルドビースト        投稿日時:2015/08/31 22:48:26
年齢・性別 54歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 現在、調剤薬局勤務

調剤、監査、投薬、各店のヘルプ。

過去にドラッグストアー(店長経験あり)
この職業・職種のここが良い 所選ばずであれば、今はいつ何時でも職に就ける。

職場においてそれなりに(事務、一般の人より)優遇される。

つぶしが効いて就職範囲が広くなんでもできる。

薬剤師の免許にいろいろおまけの資格が多くついてくる。

それなりに給料もいい。(同年代と比べて)

出産後の復帰も容易。

パート、派遣の時給がいい。平日ちょこっと働くには、子育て世代にはかなりいい仕事だ。下手するとご主人の給料を超えてしまうくらい。

嫁入り道具としては最高。

完全に任せてもらえるのでやりかいがある、ただし仕事はかなりきつい。
この職業・職種のここが悪い 今は6年になったので資格習得までお金がかかりすぎる。

調剤薬局において一人で(事務が手伝うが)やらなくてはならないことが多い。(薬剤師が1人しかいない)

責任が重い割には給料が低い。(他の職種より良いが)

場合によっては勤務地が遠いところもある。

入社してから、勉強がきつすぎるところ、まったく会社が協力的でない会社とある。

1日40枚の決まりがあるが守っているとこはすくなく、ハードなところもある。(50~60枚は当たり前)。

プライドばかり高い人が多く常識がない人が多い。

うちの会社に限るのか嫁にいけない人が多い

(40代50代の独身女性が多い。)

女性が多いので、ヘルプや転勤させられるのは、男性ばかりで平等ではない。

女性が多い職場なので人間関係が難しい。

ドラッグストアーにおいて数字の査定が厳しい

調剤薬局において売上UPを自助努力ではできないので評価がない、もしくはよくわからない。

処方元、つまりDrのすべて言いなり。

人間性に欠けている人が多い。

以上(うちの会社に限るかも)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 暑いのきらい        投稿日時:2015/07/05 09:49:40
年齢・性別 40歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お薬の調剤
服薬指導
この職業・職種のここが良い 時給はまずまず。

薬の事が分かる。

働き口は今はある。
この職業・職種のここが悪い 立ちっぱなし。

時間外に勉強しないといけない。

新しい薬の名前が頭に入らない。

覚えることがおおい。

たまにモンスターPTに出会う。

サービス業だ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 みや        投稿日時:2015/03/30 22:06:40
年齢・性別 41歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 調剤 適正使用
薬、点滴の監査
在庫管理 採用薬の検討 等
この職業・職種のここが良い 病院だからか、残業が少ない。
他部署からの質問があり、刺激が多い。
1人勤務だからアテにされている。
比較的転職先が多い。
この職業・職種のここが悪い 看護師よりしたにみられる。
責任の重さと給料が見合ってない。
パシリにされている。主に看護師から。
自分の意見が通らない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
投稿者名 引退しますた        投稿日時:2014/06/17 09:50:32
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
薬剤師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 新卒から2年間はドラッグストア
その後6年間調剤薬局
この職業・職種のここが良い 病気や薬の知識がある
給与はともかく仕事はある(地方だとまだ稼げる)
国家資格なので素人からは尊敬される
対人コミュ力がつく(薬局内の人間関係、基地外患者の相手、近隣の医師との関係)
この職業・職種のここが悪い 給料が上がらない(都市部)
拘束時間が長く休みが取れない(シフト勤務なので定休がない、有給もほぼ取得不可)
将来性が微妙(薬学部新設で供給人数が増えてレベルが下がった)
狭い世界なので一般的な社会人マナーがわからない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 フリー        投稿日時:2013/12/22 21:27:21
年齢・性別 37歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
薬剤師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院での調剤および服薬指導。(正職員)
調剤併設型ドラッグストアでの調剤およびOTC販売。(非常勤)
この職業・職種のここが良い 病院ではそれなりに勉強すれば医師・看護師に必要としてもらえます。やドラッグストアの接客は色々な患者さんがいますが病院と違い面白いですね。

薬学部入学や薬剤師免許の取得は楽です。ただそろそろ淘汰が始まってきそうです。袋詰めが早い以外に何か能力が必要になってきています。
この職業・職種のここが悪い ・ 閉鎖的な薬剤師会
・ 調剤薬局は女性特有の人間関係が面倒
・ 袋詰めしかできないのにプライドが高い方が多い
・ 6年制になりコストパフォーマンスが悪くなった
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中14人
投稿者名 クレタ        投稿日時:2013/07/11 20:25:58
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
薬剤師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 総合病院前の門前薬局。
調剤、服薬指導、薬歴管理など。
総合病院内の薬局。
入院&1部の外来の調剤、服薬指導。
病棟での薬剤管理指導。
ケモ調整、無菌調整、院内製剤の調整など。
この職業・職種のここが良い 資格を取ってしまえば何処でも働こうと思えば働ける。
結婚、出産後の復帰もしやすい。
パートでも時給が良い。
快適温度、快適湿度の環境で働くことが出来る。
一生、働こうと思えば働ける。
他業種よりも転職しやすい。
薬剤師数の増加により切磋琢磨して生き残るための努力しなければならいので薬剤師の質が良くなるのでは?
この職業・職種のここが悪い インフルエンザなどの感染症に罹りやすい。
大病院の門前薬局では病院のクレームまで処理しないといけない。
狭い環境で少ない人数だと人間関係が壊れると面倒で厄介。
6年なので高額な学費がかかるが、働いても学費分を回収できるか微妙なところ。
新設大学が乱立したため、薬剤師数が増え、過剰になる可能性もあるかも。生き残るためには勉強をしなければいけないかなと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中10人
投稿者名 ミルキー        投稿日時:2013/05/20 19:15:04
年齢・性別 28歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
薬剤師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 調剤、注射薬ミキシング、服薬指導、院内各種委員会の参加。
この職業・職種のここが良い 公務員薬剤師でした。私立病院にもつとめたことがあったけれど公立病院はなにより福利厚生がいい。夜勤や土日の勤務の日は前もって決まっていて急に呼ばれることもないし、残業は日に1~2時間と少な目。拘束時間の割に給料良い。ノルマやおカネに関する束縛がない。患者さんに有難うと言ってもらえること。
この職業・職種のここが悪い 他部署との連携は面倒だったりする。特に病院で一番強いのは看護師さんだから。
医師の少ない病院では研修医が薬剤師に頓珍漢な質問してきたり、理解もせず何も考えずに言ったとおりに処方を出したりするのでコワかったところ。
患者さんの苦情対応。特に精神科の患者さんやヤクザ関係など。
それから、男性は出世があんまり見込めないことが欠点かも知れない。薬剤師として、この道何十年というキャリアだったとしても研修医にも頭上がらなかったりする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中9人
<<前へ   1  2  3     次へ>>

薬剤師の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※薬剤師として現在仕事をしている方、もしくは過去に薬剤師をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
薬剤師のここが良い
薬剤師のここが悪い
仕事内容の詳細
薬剤師に対するあなたの状況

薬剤師とは

薬剤師(やくざいし、英: Phamacist, Chemist)とは、調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生を司る医療従事者。近代的な医療制度では、医療を施す医師・歯科医師と、医薬品を扱う薬剤師を分離独立させた資格制度(分業制度)をとっている。 アメリカ合衆国等では Pharmacist という名称が用いられるが、イギリスを初めとする英連邦諸国では伝統的に Chemist あるいは、Dispensing chemist という名称が用いられる。 日本では1874年(明治7年)の「医制」の公布より、近代的な医療制度が初めて導入された。薬剤師は、医師が作成した処方箋に基づいて、医薬品を調剤、また供給することができる。近年では、コ・メディカルの提唱によって、チーム医療の導入が重要視されており、薬剤師もファーマシューティカルケアの概念から業務を行っている。 東洋では、薬が医療の中心であったため、「薬師如来」としてあるように医師と薬剤師の区別はなかった。 一方で、西洋では1240年頃フリードリヒ2世によって医師が薬局を持つことを禁止した5ヵ条の法律が制定され、医師と薬剤師の人的、物理的分離、医師が薬局を所有することの禁止などの条項が定められた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、薬剤師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。薬剤師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。