【職種】アスレティックトレーナーが明かす仕事の本音

  1. ツイートする

アスレティックトレーナーの基本情報

仕事内容 スポーツ競技者の健康・コンディション管理やリハビリなどをサポート
平均年齢※ -
平均年収※ -
アスレティックトレーナーに関連する資格 【資格】アスレティックトレーナー 理学療法士<国>柔道整復師<国>認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト【CSCS】NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の

アスレティックトレーナーの仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

アスレティックトレーナーの仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※アスレティックトレーナーとして現在仕事をしている方、もしくは過去にアスレティックトレーナーをされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
アスレティックトレーナーのここが良い
アスレティックトレーナーのここが悪い
仕事内容の詳細
アスレティックトレーナーに対するあなたの状況

アスレティックトレーナーとは

アスレティックトレーナー (Athletic Trainer) は、スポーツ現場で選手が受傷したときの応急処置や傷害の評価、復帰までの手順を考えたり、傷害の予防のために働く、スタッフの一員である。現在ではスポーツ現場に限らず、高齢者の健康づくりなど、職域が広がっている。 日本におけるアスレティックトレーナー アスレティックトレーナーの仕事は、スポーツ現場において、ケガが発生した場合に傷害の程度を評価し、応急処置にあたったり、救急車を呼ぶなどの対応の判断をすることである。また、ケガの予防のためのトレーニングや選手への教育、再発予防や傷害発生を抑えるためのテーピングなども必要に応じて行っている。チームのスタッフの一員として、選手の体調管理やケガからの復帰に関する情報交換の要としての役割を果たしている。 日本において、アスレティックトレーナーという名称や認知度はそれほど高くない。またアスレティックトレーナーとしての基準や教育、そして専門職としての技術、知識などの統一、基準作成がなされていないのが現状である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、アスレティックトレーナーの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。アスレティックトレーナーの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。