【職種】僧侶が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

僧侶の基本情報

仕事内容 仏の道を究め、命と向き合いながら人々の幸せを支える仕事
平均年齢※ 40歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (78件) 3.1000 [3.1点]
給料 3.0000 [3点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.9000 [2.9点]
安定性 2.8000 [2.8点]

その他の

僧侶の仕事の本音一覧

全部で78件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 笑腹        投稿日時:2020/02/07 22:13:52
年齢・性別 50歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
僧侶に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 役僧。大きいお寺の下僕・使用人
お掃除、住職・奥様の雑用、下手なお経の月参り、同じく法事、同じく葬儀の脇侍、香典が足りない時その請求、お檀家さんのカウンセリング
自分はアルバイトと聞いて入ったのに役僧にされてしまい、最低賃金で働かされた。その後、本採用に決まったのを機に阿保らしいので辞めました
この職業・職種のここが良い 檀家のお姉さんや色っぽい熟女と仲良くなれる
地元の資産家や企業経営者の家庭を覗ける(大きいお寺だったので)
お檀家さんから大切にしてもらえる
お経を覚えられる
この職業・職種のここが悪い 実は、一部のお寺以外は、仏教の「ぶ」の字も無く、只のルーチンワーク
長くやっていると、偉くなったと思い傲慢になる
檀家の奥さんとの不倫を妄想する
住職が愛人と非嫡出子がいる
仏教をやっている筈なのに、自分は愚か人も救えない
酔っ払いに、夜な夜な鐘楼の鐘を撞くいたずらをされる
うちの役僧は、社会の落伍者ばかりだった
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 タイケン        投稿日時:2019/12/31 19:21:09
年齢・性別 64歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀、法事、月参り、寺子屋、
この職業・職種のここが良い しっかり向き合うと感謝されること
この職業・職種のここが悪い 一部の僧侶がすることで、批判されることが多いこと
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
投稿者名 H        投稿日時:2019/08/14 16:17:00
年齢・性別 23歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お参り
法要 等。
まだ完全な資格を持っていない為、お葬儀には出ていない。
この職業・職種のここが良い 何よりもやりがいを感じられ、人と人との繋がりで生きていることを感じられる。
毎日が感謝の日々。
この職業・職種のここが悪い 昔、坊主丸儲けと云われたように、お檀家様の信仰心を利用し、大金を集めて私利私欲に使っていた僧侶がいたという話を聞いたことがある。
まだ半人前の私が言えることではないが、今の時代有難いお坊さんは少なくなった。
田舎へ行けばいくほど、寺院の格差が酷くなり、副業をやられている僧侶もいる。
近年風当たりも強く、頑張っても「どうせイイコトに使われるんでしょ」とお布施も減っていくばかり…
都会のお寺は良いのかもしれませんが、田舎にあるお寺には未来はありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中4人
投稿者名 マサ        投稿日時:2019/07/30 22:30:38
年齢・性別 54歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 祈祷、護摩、供養の手伝い、葬儀、寺の維持管理業務
この職業・職種のここが良い 忙しくないときは、割りと自由時間が多い
この職業・職種のここが悪い 定休日がなく、休日が少ない。
あまり長期の休みがとりづらい。
サービス残業が多い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人
投稿者名 本願力        投稿日時:2019/06/29 19:00:32
年齢・性別 39歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀
法事
永代供養
悩み相談
この職業・職種のここが良い 頑張れば頑張っただけ収入に跳ね返ってくる仕組みがある
この職業・職種のここが悪い 競争原理がないため堕落する
横のつながりが面倒
何のためかわからないイベントばかり催したがる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中9人
投稿者名 しんらんさま        投稿日時:2019/06/27 23:24:33
年齢・性別 34歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 多岐にわたる(通夜葬儀がほとんど)
この職業・職種のここが良い 浄土真宗系は給料がいいと思う
この職業・職種のここが悪い 若いとなめられる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 prinz        投稿日時:2019/04/23 23:27:55
年齢・性別 66歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀、法事
寺族ではない。
寺は無い。
この職業・職種のここが良い 寺族の子→住職
将来を特別な努力もせず寺を継げる。
寺を持たない坊主ゆえに読経・法話に磨きをかける。
努力次第で寺は無くとも依頼は来る。
この職業・職種のここが悪い たまには妻と旅行に行きたいがいつ葬儀の依頼が来るか
わからないので中々行きづらい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中10人
投稿者名 浄土真宗 本願        投稿日時:2019/04/20 21:31:39
年齢・性別 44歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 法事・葬式・寺の雑用

幼稚園の園長業務
この職業・職種のここが良い 定年ではない。
ウオーキングをしていると畑で働いている
ご門徒さんが野菜を下さる。
この職業・職種のここが悪い 田舎なのでうっかり挨拶を忘れたりするとクレームを付けられる。
休みがない。法事・葬式がないときは幼稚園の
園長業務をしている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 ミサト        投稿日時:2018/10/02 13:05:46
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
僧侶に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 使いすてのぼろ雑巾
この職業・職種のここが良い 地域によっては大事にされる。人の情に触れることができる。 人類の可能性を感じる
この職業・職種のここが悪い 責任は重大。表ではいい顔してるが精神やんで裏で悪さする僧侶多い 檀家の悪口いって威張ってる住職多い。超封建的
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中8人
投稿者名 南無阿弥陀仏        投稿日時:2018/05/25 23:45:10
年齢・性別 27歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀と法事
この職業・職種のここが良い お金だけを求めるならそれ以上はない
この職業・職種のここが悪い 携帯が手放せない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中10人
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

僧侶の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※僧侶として現在仕事をしている方、もしくは過去に僧侶をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
僧侶のここが良い
僧侶のここが悪い
仕事内容の詳細
僧侶に対するあなたの状況

僧侶とは

『僧』より : 僧(そう)は三宝の1つで、本来は「仏教の戒律を守る、男性の出家者である比丘、女性の出家者である比丘尼(びくに)の集団」である、「僧伽」(そうぎゃ、梵: संघ, saṃgha, サンガ)のこと。今日では、「僧伽に属する人々」の意である「僧侶」が転じて、個人を「僧」と呼ぶことが多いが、原義として、僧とは戒師により親しく具足戒(波羅提木叉)を授けられ、これを守る出家修行者たちの集団そのものを、集合的に指す。 古代インドでは、仏教に限らず、婆羅門以外の出家者・遊行者のことを、一般に「沙門」と呼ぶが、その中でもこの仏教の「僧伽」の正式な構成員は、男性であれば「比丘」(びく、「乞食」の意)、女性であれば「比丘尼」(びくに)と呼び表される。 サンガ(僧伽)とは 僧伽(サンガ)は、一般に「僧団」と言いかえることもできるが、釈迦当時の時代はもちろん、現代においても上座部仏教、大乗仏教、密教を問わず、在家信者を含まない純粋な、出家者たちの共同体である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、僧侶の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。僧侶の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。