【職種】僧侶が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

僧侶の基本情報

仕事内容 仏の道を究め、人々の幸せを支える仕事
平均年齢※ 39.1歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (58件) 3.1000 [3.1点]
給料 3.0000 [3点]
やりがい 3.9000 [3.9点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 2.8000 [2.8点]
安定性 2.7000 [2.7点]

その他の

僧侶の仕事の本音一覧

全部で58件の投稿があります。(31~40件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6     次へ>>
投稿者名 真言宗の、だじゃりさま        投稿日時:2013/11/09 10:13:22
年齢・性別 40歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 1 [1点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ご祈祷、お祓い、地鎮祭、葬儀法事。身の上のご相談、悩みの吐き出し道場。
この職業・職種のここが良い 呪術が使える。慕われて頼られる。宗祖のみ教えを、堂々と布教できる。
この職業・職種のここが悪い 同県内は密教の地域ではないので、独立開山後の信者、檀家の増加が見込めずにいて、安定性に欠け、初期投資額を償却するのは一生かかってムリ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中2人
投稿者名 浄土真宗        投稿日時:2013/11/09 07:38:57
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に月忌参り・葬儀・法事。
この職業・職種のここが良い 長男なら、寺坊で就職先が決まっている状態。
この職業・職種のここが悪い 拝金主義の人間が多い。
同業種でも、地域格差がある。
{例、都市部と田舎ではお布施の額が1桁違う等。}
法務員が雇えないお寺は、ほぼ休みがない。
法事・月忌参りがない時は事務仕事。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中2人
投稿者名 田舎のお坊さん        投稿日時:2013/06/13 22:49:26
年齢・性別 57歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀及び御法事が主
この職業・職種のここが良い 様々な経験をされた方々と会えること。
常に勉強できること。
この職業・職種のここが悪い 余りに慣れてしまい、ぞんざいになってしまう自分がいる事
常に反省。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 inakano-osyou        投稿日時:2013/06/11 01:40:15
年齢・性別 66歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 布教
葬儀法要の仏事
檀信徒の心のケア
お寺の管理人
この職業・職種のここが良い 笑顔がいつしか自分になる
社会の中の本当の位置を知ることができる
正直者は馬鹿をみる=日々是好日~と思える包容力を持てる
この職業・職種のここが悪い 時代の流れに乗りにくい
公益法人悪用の僧侶がいるためにいまだに丸儲けといわれる
寺院収入イコール住職給与ではない事を知らない僧侶に絶句都会と地方の格差があり過ぎる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中7人
投稿者名 えいこう        投稿日時:2013/05/11 09:49:00
年齢・性別 65歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 保育園の経営2か所
駐車場経営
寺院経営
この職業・職種のここが良い 普通なら皆様退職される年ですが、死ぬまで続けられます。
この職業・職種のここが悪い 高級ブランド高級車などはあまり買わないほうが宜しいと思います
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中11人
投稿者名 興正        投稿日時:2012/12/14 00:23:58
年齢・性別 51歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 月忌他多くの行事がございます。
各種行事には沢山の参拝者がいらっしゃいます。
この職業・職種のここが良い 本寺には5人の僧侶が、働いております。
みな真面目な青年僧ばかりです。
この職業・職種のここが悪い ないです
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名 でん        投稿日時:2012/12/13 09:35:18
年齢・性別 31歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 月参り 葬儀 法事 法要
この職業・職種のここが良い うちは県庁所在地にお寺があり、大型駐車場などの収益事業で、収入があります。お寺だけではいろいろと厳しいのかもしれません。
この職業・職種のここが悪い 特にございません。多くの僧侶は贅沢をせず、質素倹約につとめていると思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 obosan        投稿日時:2012/09/11 20:51:25
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬儀、法事、掃除、壇家さんとのコミュニケーション
この職業・職種のここが良い いろいろ経験してる方と接点を持てるた為、非常に自らの知識が増える。
観光で行く寺院、仏閣は無料で入れる。
この職業・職種のここが悪い 一人できりもりしている寺は、自由な時間がまずない。
周りからの視線があるため、行動、服装、車など制限がある(寺によ依りきり)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 しだったー        投稿日時:2012/08/24 08:42:45
年齢・性別 40歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 葬式、法事を行う。
この職業・職種のここが良い 感謝される。
この職業・職種のここが悪い 自由時間がない。
常に他人の目を気にしなければならない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 南無        投稿日時:2012/07/15 15:34:11
年齢・性別 31歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
僧侶に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お葬儀 、法事、各種法要などでは実の所そんなに収入はありません。お檀家さんの多いお寺は別でしょうが。
街寺ですので、主に駐車場経営・テナントの賃貸料が収入となっています。
この職業・職種のここが良い 空いた時間を様々な事に活用できます。
死といつも直面させていただくので、自分自身の生き方、死に方も考えさせられます。
この職業・職種のここが悪い 空いた時間をゴルフやパチンコなどに使っている方も少なからずいると思います。また戒を守る立場からお酒などはなるべく控えるべきだと思います。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
<<前へ   1  2  3  4  5  6     次へ>>

僧侶の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※僧侶として現在仕事をしている方、もしくは過去に僧侶をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
僧侶のここが良い
僧侶のここが悪い
仕事内容の詳細
僧侶に対するあなたの状況

僧侶とは

『僧』より : 僧(そう)は三宝の1つで、本来は「仏教の戒律を守る、男性の出家者である比丘、女性の出家者である比丘尼(びくに)の集団」である、「僧伽」(そうぎゃ、梵: संघ, saṃgha, サンガ)のこと。今日では、「僧伽に属する人々」の意である「僧侶」が転じて、個人を「僧」と呼ぶことが多いが、原義として、僧とは戒師により親しく具足戒(波羅提木叉)を授けられ、これを守る出家修行者たちの集団そのものを、集合的に指す。 古代インドでは、仏教に限らず、婆羅門以外の出家者・遊行者のことを、一般に「沙門」と呼ぶが、その中でもこの仏教の「僧伽」の正式な構成員は、男性であれば「比丘」(びく、「乞食」の意)、女性であれば「比丘尼」(びくに)と呼び表される。 サンガ(僧伽)とは 僧伽(サンガ)は、一般に「僧団」と言いかえることもできるが、釈迦当時の時代はもちろん、現代においても上座部仏教、大乗仏教、密教を問わず、在家信者を含まない純粋な、出家者たちの共同体である。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、僧侶の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。僧侶の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。