予算が少ないので外注なし。殆どの職員がなんでもしなければなら...(海上保安官の本音)

職業 海上保安官
投稿者名 なにわ        投稿日時:2010/02/20 17:08:04
年齢 51歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
海上保安官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 予算が少ないので外注なし。殆どの職員がなんでもしなければならない。草刈り、ペンキ塗り、部屋の掃除、ごみ捨て。今は、機械のメンテナンスだが、次の転勤先で事務をしなければならないかもしれない。または、船に乗っているかもしれない。浅く、広い知識しか身につかない。しかし、実際には専門的な知識が必要となる。転勤して最初の1年は死にそう。やっと1人前になったら転勤。そして、また1から勉強しなければならない。研修制度は無いに等しい。自己研鑽。仕事に必要な資格は自分で取るしかない。上からは資格を取れと言ってくるが、組織からの応援援助は無い。
ちなみに、約30年間で16回引越しした。(うち自己都合2回)
 「海ざる」はフィクションですからね。
この職業のここが良い まわりがアホが多いので少し頭が良ければ優位にたてる。
ゴマすりがうまければ高卒でもそこそこ偉くなれる。
海上保安大学を出ればアホでも出世できる。
この職業のここが悪い アホが多すぎ。
幹部は職員が人間だと思っていない。
自分の責任逃れに忙しい幹部・職員が多い。はしごをはずされなように気を使う。
意に沿わない転勤がほとんど。平均して3年に1回引越し有り。よって、単身赴任だらけ。うちの職場は半数以上単身赴任中。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:61人中43人

honne.bizでは、海上保安官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。海上保安官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。