前期教育中と後期教育期間の僅かだけしか在職していないが、基本...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 自衛隊生活は生き恥しか感じられなかった        投稿日時:2016/03/22 23:55:17
年齢 38歳
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 前期教育中と後期教育期間の僅かだけしか在職していないが、基本行動の動き、専門雑学、小銃の組立・整備、基礎体力修練、機械の操法、営内服務、清掃等。
訓練そのものには恨みがない。
この職業のここが良い あったとしても あるように感じられなくなる。
この職業のここが悪い 10数年前陸曹候補兵士として入隊したが
4ヶ月で 退職するほど 同期・上官の人間たちが下物ばかりで絶望した。

自分にも多面で弱さがあったと自覚してはいるが 同期・上官が人間の姿形をして生まれてきたとは思えない下物が多過ぎ。しかもその下物どもは自覚症状が無い救えない恥の極み見るも無残。

人間関係だけは相手が下物であれば 努力ではどうしようもない。

自衛隊組織には直に恨みがあるわけではないが 個人的に邪害同期・上官にマイナス感情しかない。(10数年経った今でもその下物どもにマイナス感情の煮えくり返りしかなく 不幸の極みに陥って永遠の苦しみに陥ってほしい)

何が同期の絆だ、何がベッドバディーだ と思い返せばきりがない。団結という名を装った 良識の欠片も感じられない乳幼児未満の不正会合。

訓練の名を都合のいい後ろ盾とした とにかく生き地獄でしかない。本当に苦痛なのは訓練ではなく 下物同期・上官の虐げに他ならない。
厳しいという事と 自分の下劣さを棚に上げた憂さ晴らし紛いの 蛮行は全然違う。

多くの方が本音の内容で書かれてることに共感することが こんなにもあるということが伺える。

士気が高まるどころか かえって戦意喪失せずにはいられなくなる。そうなったら負のスパイラルに陥り 結果的には居座りつずけようが無くなる。

また 人間の心理としては個人的には永久に組織にプラスの感情は微塵も感じられなくなっている。

国家組織としては必要不可欠なのかも知れないが
入隊すれば短期間で絶望し
『自衛官 肩書きだけの 公務員』
『自衛隊 下物同期は 恥極み』
などという 五七五 は頭に浮かんできりが無い。
居座り続ける価値がないと判断し 4ヶ月で辞めた。
10数年経った今でもあの時 辞めたことに後悔が無いばかりか 辞めて本当によかった。

後悔するかしないかは人によって千差万別だが
短い期間とはいえ個人の経験では 決してお勧めは出来ない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。