本来の目的とずれたことを申すことを承知してください。投稿を見...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 昔キャプテン        投稿日時:2016/11/29 16:26:19
年齢 42歳
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 本来の目的とずれたことを申すことを承知してください。投稿を見て、不満、低レベル、何もわかっていないものがたくさんあり、OBとして苦言、反論、提言、共感等について申し上げます。私は、20年間働き、陸士→3曹→中堅幹部を経験し、最終的に仕事や組織を任される立場で、退官してからメーカの営業マン→塾講師→塾の管理者(教室長)、
部隊経営(人事・予算等)に関与できる立場であり、他の業種も経験しているので客観的に俯瞰できる自信があります。
<採用のミスマッチ>
応募する側は果たして情報収集に投資したのでしょうか?主体的に意思決定したのでしょうか?仕事を軽く考えていませんか?また、採用する側もポン引きまがい・ブラック企業まがいなことをし、説明責任を果たしていないでしょう。若者から信頼されていないでしょう。多分。法的義務はないが、採用する際、書面で雇用通知書や誓約書についてインフォームド・コンセント(説明・同意)は常識以前の話です。だから、不満の投稿が多くなる。採用のミスマッチを防ぐため、以下の方法を提言します。採用試験の時期を8月、1月、3月と学生の休みに合わせ、①学力試験・適性検査・健康診断でふるいにかける。→②教育隊(機関)で1~2週間、集団生活や擬似訓練で適格性を観察→③面接、プレゼン。不適格者を排除し、自分が向いているかいないかを判断でき、お互い禍根を残さない。
労力は要りますが、トライする価値はあります。上記のような採用をしている会社は少ないですが、離職は以前より減っているとの報告があります。私の勤務している教育サービス会社の講師採用でも。①教養試験、面接→②1週間体験指導→③生徒の評価、管理者の観察、面接 、その方が採用する側は安心できます。やはり、子供を預かっていますし、子供の進路を左右するし、社会的責任が大ですから、慎重に判断しますよ。
<部隊間格差、個人間格差>
勤務している会社は全国に事業展開しています。サービスの方針は全国均一なサービスを提供。採用基準や指導のガイドライン、行動規範(コンプライアンス)は一律です。例えば、ある生徒が転居に伴いA教室からB教室に変えたとして、A教室では80点の成績、B教室では40点の成績 おかしいでしょう!おなじ法人で。公務員はユニサーバルな行政サービス・事務を提供するのが原則です。特殊作戦群みたいな高度なスキルを求める部隊は例外として、「規律正しく、まともな部隊」「学級崩壊し、烏合の衆な部隊」 人事・補任の偏りで、均質となる人事異動をすべきです。
この職業のここが良い 省略
この職業のここが悪い 省略
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中6人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。