組織の常識の範囲内で物事を考える限り評価される。新しい風の吹...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 諦めの境地        投稿日時:2017/09/27 22:42:31
年齢 29歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 組織の常識の範囲内で物事を考える限り評価される。新しい風の吹き込む余地はない。だから半世紀前と同じ訓練を延々とやっている。訓練の総本山が富士山のド田舎にあるせいか、首脳陣の脳内は時が止まったまま。
この職業のここが良い クビにならない。
この職業のここが悪い ・どんな理不尽や非合理でも幹部が言えば許される。隊員が苦しむことをさせればそれが成果という風潮。
・隊員と家族に対して二枚舌を使い分け、隊員に対しては家族への負担を強いる一方で隊員の家族にはひたすら優良企業アピールをする厚顔無恥。
・偉い人の暴走を止める術がない。思いつきでコロコロと予定を変えるのでひたすら振り回され、しわ寄せは隊員の家族に来る。この手の迷惑な鶴の一声をする偉い人はだいたい離婚経験者。嫌がらせか?
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中15人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。