犯人と同じ駐屯地で幹部をしていた(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 金沢の元一尉        投稿日時:2018/06/28 14:25:31
年齢 47歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 犯人と同じ駐屯地で幹部をしていた
この職業のここが良い ケジメのない組織がダメなところ
この職業のここが悪い ・富山で殺人を犯した、即応予備自衛官(現役)犯人の経歴が次々と明らかになっているが、即応でも現役である以上、金沢駐屯地の司令と第14連隊長は即刻、会見を開いて謝罪し、そして辞任すべきことはだれもが思うところで、犯人は中学もろくに通っていない→即ち、基礎的な学力もない、このような素養の人間を任官採用した責任も問われてしかるべきである。
・駐屯地内部で起きた事件では、窃盗なら5万以上は懲戒免職3万~5万では2週間の停職、3万以下なら1週間停職という不文律があるが、こんなもの駐屯地を一歩出ればナンセンスであり、泥棒は1円盗んだだけでも刑事罰を与えられ、会社員は即刻クビとなるのは誰が見ても明らかである。この犯人も、駐屯地内できっと事件を起こしていたはずで、こんな人間だからではなく、こんな人間に育てた自衛隊には大いに責任があってしかるべきである。きちんとケジメをつけて謝罪しないと、全国の隊員、退官した隊員も家族も、同じ人間に見られている恥ずかしさを知るべきである。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中10人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。