私は海自のパイロットですが、海上自衛官の場合、大きく艦艇(...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 TOGO        投稿日時:2009/01/08 00:49:47
年齢 40歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細  私は海自のパイロットですが、海上自衛官の場合、大きく艦艇(護衛艦、掃海艦、潜水艦、その他)、航空機(固定翼哨戒機、艦載回転翼機、救難輸送機、掃海ヘリ、その他)、後方(整備、基地業務、経理・補給、その他)の職種に別れ、災害派遣、捜索救難、我が国周辺の監視、海外での補給活動、米海軍をはじめとする各国との共同・親善訓練、遠洋練習航海、演習等を日夜行っている。
この職業のここが良い  災害派遣、人命救助、諸外国との共同訓練など、通常の職業では経験することのない貴重な体験をすることができる。また、最近では、海外で勤務する(派遣される)機会が多い。
 パイロット、船乗り、整備員、経理・補給員、医師等、数多くの職種があるので、自分にあった職種を選択することができる。
 教育制度がしっかりしており、各階級、各職種ごとに数ヶ月~数年の教育期間が設けられ、自衛隊又は民間、海外の学校等で給料をもらって勉強することができる。
この職業のここが悪い  政治的活動の禁止、守秘義務、指定場所への居住義務等、様々な制約が課せられている(職業の特質上当然ですが。) また、基本的には24時間勤務であり、当直、休日出勤等をしても手当てはない(ただし、基本給に予めある程度含まれている)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中16人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。