以上かんたんに善悪両方書きましたが、自衛隊はやはり国を守るた...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 タックネーム duke        投稿日時:2012/10/13 13:02:02
年齢 57歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 以上かんたんに善悪両方書きましたが、自衛隊はやはり国を守るための組織です。中にはどうしようもない自衛官がいますが全員がそうではないし、優秀な隊員も多く、「平和」維持する職業としてすばらしい職場です。私ももう一度生まれ変わったら入隊します。
この職業のここが良い 以前、戦闘機パイロットをしておりました。一人で空を飛びたい人には人気のある職業です。1機100億円もする飛行機に乗ることが出来ます。独身者には転勤という国内旅行が付いてきます。一般の隊員より航空機加算と言う割り増し手当が加算され、20台後半で高級外車を持つことも夢では有りません。移動訓練ということで日本各地の基地に行ける。さらに合同訓練でアメリカにも行ける(もちろん旅費はただ)。
この職業のここが悪い パイロットになる為の教育機関での教官のしごきがすごい、コースアウトという落第の評価が厳しい。英語の学力以外に英会話の学力もかなり求められる(米軍との共同訓練が多い)。操縦技術だけ身につければよいわけではなく、国際法やいろいろな法律など地上での勉強も非常に必要。スクランブル待機のため一月に何回も泊まりがあり、予備要員での自宅待機が多く、安心して酒も飲めない。結婚しても転勤で単身赴任がい多く、奥さんと一緒にいる時間が少ない(浮気しているやつが多い)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。