捜査、公判、検務事務。まれに逮捕、家宅捜索、収監、逮捕...(検察事務官の本音)

職業 検察事務官
投稿者名 たま        投稿日時:2013/09/12 08:09:34
年齢 39歳
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 捜査、公判、検務事務。
まれに逮捕、家宅捜索、収監、逮捕など。
起訴状を起案したり、不起訴裁定書を起案するなど、結構、やりがいがある仕事ができる。
この職業のここが良い クリーンな仕事でやりがいがある。
法務省が他の省庁と比べて格式が高い(国家行政組織法上)
検察庁が、法務省内のどの期間より実質上位機関で気分がいい。
ぺーぺーのうちから、警察の警部補クラスと仕事の話ができる。
黄土色で金ピカの桐の紋章の入った賞状がたくさんもらえる。
この職業のここが悪い 腐った国家3種が必要以上に威張りすぎる。優秀そうな大卒国2をイジメることを生きがいにする高卒DQNが多い。
高卒三種が学歴コンプレックスのうさを晴らすので、国家二種は悲惨。
吉本興行もまっさおになる極端な、先輩後輩の上下関係の強要が横行している。
(強制的に飲み会に参加させ、長時間にわたる説教など)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:46人中37人

honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。