検事のパシリ…この一言に尽きる。初めは興味があって面白...(検察事務官の本音)

職業 検察事務官
投稿者名 けんじ        投稿日時:2015/05/03 02:37:52
年齢 43歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 検事のパシリ…この一言に尽きる。
初めは興味があって面白いが、5年もやれば完全に飽きる。
何しろつまらない。
事務官は非常識な人が多く、民間なら全く役に立たない。
役所だから、つぶれないこと以外に良いところはない。
この職業のここが良い つぶれないところ。
公安職だから、給料が他の一般の公務員より少し高い。
この職業のここが悪い こんなところに何年もいたら、頭がおかしくなってしまいます。
私はある資格試験に合格した後、10年ほどいた検察庁をやめました。
事務官は高卒や専門学校卒が中心で威張り散らしており、大卒は数が圧倒的に少なく肩身が狭いです。
今一生懸命勉強している大卒、あるいは大学卒業見込みの皆さんは、決して検察庁を選んではいけません。
絶対に後悔します。
私は、今は別の仕事をしていますが、本当にやめてよかったと思っています。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中44人

honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。