大部分が不動産登記です。商業登記はジジババのお偉いさ...(司法書士の本音)

職業 司法書士
投稿者名 中尾        投稿日時:2017/02/06 16:58:02
年齢 31歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大部分が不動産登記です。

商業登記はジジババのお偉いさんたちが牛耳っていますので、参入できません。
司法書士になれば現状がわかります。
この職業のここが良い リアルなお話しをします。
不動産関係者との関わりがほとんどです。
それも少額の売買→イケイケのお兄さんたちの所属するところです。
ゴルフやお酒・女の付き合いが多いというよりかは、こればっかりです。これリアルで否定する人は業界人でないでしょう。

銀行系は一般の開業者に対して絶対に仕事を出しません。理由は明白→トラブル時の損害保険をかける際に人数が多い(人数が多いと、保険金額が高く、しっかりと損害賠償ができる)のと事務所としてしっかり名誉があるところを選ぶのが当たり前だからです。
この職業のここが悪い 10年後にAiが登記業にも普及しますので、他の士業もそうですが、手続き代行業務ばっかりやっている人は300%仕事がなくなります。これは絶対に言えます。
代書屋としての性格が強いので、これからの需要は???ていうところです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中13人

honne.bizでは、司法書士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。司法書士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。