・扉扱い(各駅で扉の開閉を行う)・列車保安監視(走行中...(鉄道・船舶パーサー・車掌の本音)

職業 鉄道・船舶パーサー・車掌
投稿者名 でもしか鉄道員        投稿日時:2014/10/03 18:28:56
年齢 37歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
鉄道・船舶パーサー・車掌に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・扉扱い(各駅で扉の開閉を行う)
・列車保安監視(走行中の安全確認)
・異常発生時の保安要員(事故時の周囲列車への停止手配・自列車防護、旅客救護、不審者への警戒・身柄確保など)
・旅客案内(案内放送、旅客への接客対応)
・車内秩序の確保(迷惑・危険行為への注意喚起など)
・運転関係機器取扱(扉関係装置切り替えなど)
・車内設備危機取扱(空調・照明・行き先表示など)
・乗車券類車内精算・発売
その他列車運行業務に関する多岐に亘る作業。
この職業のここが良い 大手鉄道会社車掌です。
・出勤退勤時ラッシュに巻き込まれない。
・休暇が取得しやすい。
・基本的に乗務終了が仕事の終わりになる(残業や、休日時の仕事が休暇者の代務以外にない)ので自由な時間は比較的多い。
この職業のここが悪い ・盆暮れ正月、ゴールデンウイーク、早朝深夜、災害悪天候に関わらず勤務シフト、ダイヤに基づく厳しい職務体系。
・勤務体系(宿泊隔日勤務)と責任の重さの割に給与が安い。
・勤務内容・作業内容が過酷で、非常に疲れる。
・些細なミスが事故につながり、即警察のご厄介になる。
・不規則勤務・宿泊場所が毎回異なり、慢性的に寝不足、肥満高血圧など生活習慣病になりやすい→健康を損ねやすい。
・客層が近年著しく悪くなり、些細なことで暴力をされたり、暴言を吐かれたり、トラブルに巻き込まれるケースが増えた。これら悪質な行為に対する対応を求められる一方、会社側が一切責任を取らないので、板ばさみになる→客の言いなり。
・世間的にすぐ批判対称にされるし、叩かれやすい。
・自分は中途入社であるが、体育会系的閉鎖的な職場で、いわゆる外様扱いでいろいろとケチをつけられる。人間関係には神経を使う。
・以上の理由から精神的に病む人間、身体的に故障し離職・配置転換される人間も多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人

honne.bizでは、鉄道・船舶パーサー・車掌の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。鉄道・船舶パーサー・車掌の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。