テレビ番組制作のすべて。ロケ先との交渉、場所の許...(映像ディレクターの本音)

職業 映像ディレクター
投稿者名 fight        投稿日時:2010/01/06 18:59:58
年齢 31歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
映像ディレクターに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 テレビ番組制作のすべて。

ロケ先との交渉、場所の許可書取り、仕込み、徹夜でロケの準備をし、次の日早朝からロケ。
ロケ終了後、収録したテープを編集所に持込み、編集できるようPCに落とし、オフラインをする。
オフライン後、クライントのプレビュー。
さんざん駄目だしをくらい、再度オフライン。
再度プレビューをして、ようやく編集所に。

ディレクターと言えども、AD作業をやることも多々あります。
イメージと違い50歳のディレクターもこんなことをしています。ディレクターは一生この生活になります。

体力が続きません。
この職業のここが良い ・自分で演出したVTRをテレビを使って見てもらえる。
・出演者にものすごく感謝されることがある。
・自分の名前がエンドロールに流れると親が喜ぶ。
・多くの有名人に会える。
・業界人ぶれる。
・話のネタを豊富に持っている。
・友人から憧れの目で見られる。
この職業のここが悪い ・休みがないどころか家に帰れない。年間休日20日以下。
・地元の友達と会えなくなる。
・親/兄弟と会えなくなる。
・家のイベントに参加できなくなる。
・家に帰るのは着替えに帰る時くらい。
・完全に肉体労働。
・タレントと遊ぶ時間もない。
・結婚できない。しても必ず離婚する。
・上下関係が厳しい。
・ヤ○ザな人間が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中23人

honne.bizでは、映像ディレクターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。映像ディレクターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。