映画の場合準備期間1〜3ヶ月(作品の規模によりまち...(美術スタッフの本音)

職業 美術スタッフ
投稿者名 aki        投稿日時:2016/03/25 11:22:57
年齢 30歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
美術スタッフに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 映画の場合

準備期間1〜3ヶ月
(作品の規模によりまちまち)
台本を読み、ロケハンに行く。
図面やデザインを制作する。
大道具に発注しセットを建てる。
休めるときは週に1回休む。
クランクインに近ずくと休めなくなってくる。

撮影期間2〜3ヶ月
撮影中はスケジュールに合わせて、次に撮影する場面の準備をする。
撮影期間は休みがない。

拘束は準備撮影含めて3ヶ月〜6ヶ月間

作品毎に制作会社と給料の交渉をし1ヶ月単位で受け取る。
次の仕事が見つかるまでは、仕事がないと同じなので、無職となる。つまり給料がない。
この職業のここが良い 異世界を自分の手で作れる。
世の人に見てもらえる作品に携われる。
この職業のここが悪い 労働時間に見合った給料がもらえない。
体力がないと続けられない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:73人中71人

honne.bizでは、美術スタッフの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。美術スタッフの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。