スタジオの場合。朝9:00撮影開始(だいたいは徹...(美術スタッフの本音)

職業 美術スタッフ
投稿者名 popo        投稿日時:2011/10/08 21:04:02
年齢 25歳
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
美術スタッフに対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 スタジオの場合。

朝9:00撮影開始(だいたいは徹夜して、スタジオにいる。)
撮影中、セット変わりが無ければ、やる事は無いが、次の撮影の準備をしているので、休めない。巧い人は、この隙間に仮眠を取る。←ばれたら殴られる。

夜、早ければ7時か8時に撮影終了。しかし次の日の準備があるため、その準備が終わるまでは作業。

でも弁当は出るから、一応生きる事は可能。

美術の準備が終わらないと、撮影が始まらないため、仕事が遅れるとものすごい人数に迷惑をかけるため、常にプレッシャーがハンパ無い。だいたい死にたくなるくらいプレッシャーを感じていました。

監督によりけりだが、予算ないのに無茶なことを言う人がだいたいだから、いつもどうやって金を使わずに、凄いもの作るかとか、考えてる。

そして、納得行かないもの作ってしまっても監督の「OK」で作品に残ってしまう。

後悔と、寝たい。って気持ちと常に戦い続ける仕事だと思った。

だいたい1本1〜3ヶ月くらい。すごい忙しい人は作品の終わりと始まりが常に重なっている。

休みは、時々1〜2ヶ月に一回半日ある。あとは年末年始の4日間。この4日間は映画の撮影はない。それ以外は無い。
休みが無いといことは、売れっ子の証です。



興味ある人はやってみたらいい。やるのが一番。
いつでも辞められるから。

基本的に「やる気の無いやつはいらない」って世界だから。
いつでも辞められる。

美術と言っても、職人なので、アーティスティックな人はほぼいない。「バカヤロー」とか暴言とかよく吐かれます。それが気にならない人が向いてます。
この職業のここが良い 自分の仕事が作品として残ること。
映画業界っていう響き。
いい作品に出会える奇跡。
ロケ弁があるから、どんなに給料が安くてもご飯だけは食べれる。
家がなくても、「生きる」ことは可能。

忍耐と体力、精神力があれば続けられるはず。(私は体力が持たなかった。)
この職業のここが悪い 自分のダメな仕事も後世に残すはめになる。
技術系のスタッフの中で一番終わりがないと思う。

撮影中は仕事が終わる事はない。
寝る事も出来ないし、下手するとお風呂も入れない。

師匠又は上司の言う事は絶対!


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:114人中107人

honne.bizでは、美術スタッフの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。美術スタッフの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。