今は役所や行事などの取材活動を担当しています。なので自...(新聞記者の本音)

職業 新聞記者
投稿者名 TA        投稿日時:2013/02/18 01:22:09
年齢 26歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
新聞記者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 今は役所や行事などの取材活動を担当しています。
なので自分は役所+αの労働時間というところです。
自分のところはローカルな新聞社なので、大手のところに比べて給与は格段に低いです。
この職業のここが良い 何よりも、自分が相手から話を聞き出し、一生懸命考え悩み抜いた文章が、記事として形になり掲載されるのはすごく嬉しいです。誰でも出来ることでは無いですから。
自分が書いたものを世間に読んでもらえる嬉しさは、記者の醍醐味だと感じています。上に評価したとおり、やりがいだけはとてもあります。
この職業のここが悪い ただし、ローカルな新聞社なので仕事量に対する給与は非常に少ないと感じています。公務員は9時出社5時半退社ですが、この仕事の場合、取材があれば朝でも夜でも必ず行き、締め切りまでに入れなければならないという苦労があります。
仕事が終わらなければ残業がほとんどですし、やる仕事は多岐にわたります。また、今後新聞を読まなくなる人が増えていくのは確実ですから、正直将来性はないです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人

honne.bizでは、新聞記者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。新聞記者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。