WEB・TV・ラジオ・印刷媒体を使った広告企画に関わりながら、...(アートディレクターの本音)

職業 アートディレクター
投稿者名 一寸法師        投稿日時:2011/12/17 10:14:32
年齢 43歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
アートディレクターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 WEB・TV・ラジオ・印刷媒体を使った広告企画に関わりながら、それに合ったデザインの方向を形づくり、制作チームを編成。その指揮者として、プランナー、コピーライター、デザイナー、カメラマンなどに意図を伝え作業を先導する。
クライアントへのプレゼンテーションでは伝わりやすく、研がれた言葉をもって、クライアントの背後にある、「私たち」に伝わるよう、心がけが基本。
この職業のここが良い 広告表現に対しての「指揮棒」が振れ、各分野に長けたスタッフ(コピーライター、デザイナーなど)の選定がある程度、自由に任せられ、万全の体制で「ものづくり」に挑める。(勿論、予算にもよるが・・・)
それによって生み出されたものが、世の中に何らかの反響を与えたことを実感できたときは、お絵かきが好きで、「上手ね」と言われていた幼い過去の自分に戻れ嬉しく思える。
大人になっても、その時だけは、自分の存在価値を「数字」に置換えずに喜べる。ある意味イノセンスなのかも。
この職業のここが悪い 地方で働く私の経験に限ってですが、業界の序列として、1.広告代理店、2.プロダクション(フリーランス)、3.印刷会社とあり、上から順に、予算と制作期間が少なくなり、クライアントの品格・格付けも下がります。その影響は大きく、ディレクション業務にくわえ、複数の制作業務(コピーライティング、デザイン、撮影など)も兼務することが多く、仕事にムラができてしまう場合多々あり。
パートナーとしての営業も1と3では大分異なり、いくら伝えてものみ込みの悪いメッセンジャー的な役割しか果たせない営業の業務も肩代わりしながら「孤軍奮闘」するのADも少なくありません。そんな責務を負いながら、労働環境は、「グラフィックデザイナー」とシンクロします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中9人

honne.bizでは、アートディレクターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。アートディレクターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。