公共団体・中堅企業への電気通信設備(特に音声通信)の提案・設...(電気通信技術者・研究者の本音)

職業 電気通信技術者・研究者
投稿者名 にゃん        投稿日時:2012/05/02 00:47:35
年齢 50歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
電気通信技術者・研究者に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 公共団体・中堅企業への電気通信設備(特に音声通信)の提案・設計・構築・保守などのセールスエンジニア業務、並びに、有線無線LAN、若しくは、WANを含む企業内(企業間)通信ネットワークの提案・設計・構築・施工管理・保守運用までを斡旋するSE業務
この職業のここが良い 過去に有名な電気通信工事会社にセールスから入り電話設備・有線無線LAN導入業務(兼設計・提案・施工・引渡し)を皮切りにPC導入・サーバ導入の支援までをおこなっていました。
いいこと、
1.音声通信(PBX)はあらゆる事をやった。おかげでIP化したPBXは手がつけられない。(音声GWならわかるが)
2.LAN工事もWAN構築以外はほとんど施工した(設計も含めて)だから、図面を見たら直ぐ直感的に悪いところがわかる
3.ベンダー調整・下請け管理・工程管理の基礎がしっかり把握できたことはPMとして転職して正解だったと思う。(いい経験をした)
この職業のここが悪い 1.薄給(手取りで16万に足らないこともあった)
2.残業つかない(セールス兼務なので出来高歩合があり施工担当としても活動していたためまったくといっていいはおどサービス残業しまくっていた)
こんなことは普通の会社じゃないと思うが
3.会社社長が親会社からの期末インセンティブを私財として着服してた。期末インセンティブを従業員に公平に配分していたら薄給ではなくなったという(幹部のはなし)(もう会社がなくなったのでいえるが本社から特別背任罪で告発されそうになる寸前だったという)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人

honne.bizでは、電気通信技術者・研究者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。電気通信技術者・研究者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。