お客様の要望(テイスト、機能、コスト)をお聞きしつつ、家具、カ...(インテリアコーディネーターの本音)

職業 インテリアコーディネーター
投稿者名 Chaty        投稿日時:2017/06/07 13:49:00
年齢 49歳
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
インテリアコーディネーターに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 お客様の要望(テイスト、機能、コスト)をお聞きしつつ、家具、カーテン、小物等のインテリアに関するあらゆるエレメントを選び、提案する。設置後の使い方のご説明や調整までが仕事。時にはお客様が好むものにダメだししなくてはいけない事もある(全体のテイストと余りに違う小物をお持ちの方がいらした折、この部屋では使わない方が、とお止めしたり)。お客様のお宅にお伺いするお仕事なので、時間が不規則になる事もあります。色々なエレメントがありますが、餅は餅屋でカーテンの採寸はお店に任せています。(プロでも採寸ミスがある程で、金額も高額になるので自腹になると大変な為)その他建築化照明や造作家具等は業者さんとの打ち合わせも大切な仕事です。照明や建築も学校に通って学んでいますが(照明は資格を取る予定はありませんが、建築は2級を取得するつもりです)、トータルな提案が出来るとお客様の満足度も高くなるので、勉強を続ける事が大事かと。
この職業のここが良い 45歳の時に資格を取り、他の仕事をしつつ個人事業主として活動していますが、子供のころから好きだったインテリアの仕事に関われるのが何より嬉しいです。仕事に関係なく、好きで趣味のようにショールームやショップに行くのですが、その時これをご提案してみよう、と考えるのも楽しみの一つです。また、お客様の満足したお顔を拝見出来る時が何よりです。
この職業のここが悪い 日本ではアイデアや形のない仕事に対して対価を払うという文化が殆どないので、独立してインテリアコーディネーターとして働くのは特に特にバックグラウンド(コネクション)がない場合は食べていくのが大変だと思います。
私は友人が初のお客様で、今はまだ細々と仕事をしている状態です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中10人

honne.bizでは、インテリアコーディネーターの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。インテリアコーディネーターの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。