動物の命を守りながら、産業動物の生産性向上を目指す技術を確立...(獣医学・畜産学研究者の本音)

職業 獣医学・畜産学研究者
投稿者名 エックスマット        投稿日時:2010/04/30 16:13:59
年齢 38歳
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
獣医学・畜産学研究者に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 動物の命を守りながら、産業動物の生産性向上を目指す技術を確立し、世界の食文化を支える研究を行っている。同時に、ヒトと動物の接点に潜む伝染病の伝播を抑制する技術と研究も行っている。
この職業のここが良い サイエンスと呼ばれる研究の基礎技術の多くは、畜産学的研究領域から生まれており、IVFやiPS細胞を用いた技術、生物統計学に至るまでさまざまな研究で活用されている。獣医学の原点は、家畜や伴侶動物の疾病予防的な背景が強く、医学研究と同様に質の高い研究が行える。
この職業のここが悪い 動物福祉や動物愛護への十分な理解と配慮が必要な研究領域であるが、海外に比べて、十分に成熟した思想が根付いていない。研究者の多くは、海外からの情報に基づいた配慮を心がける一方で、人口増加に伴う食料問題の解決とは反比例する背景が潜む。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中12人

honne.bizでは、獣医学・畜産学研究者の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。獣医学・畜産学研究者の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。