・伐倒(木をチェンソーで切り倒す。)・集材(倒した木を重...(林業の本音)

職業 林業
投稿者名 スケアクロウ        投稿日時:2018/07/05 18:10:06
年齢 23歳
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
林業に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・伐倒(木をチェンソーで切り倒す。)
・集材(倒した木を重機のワイヤーで引く)
・造材(木を決められた規格の長さに加工する)
・運材(材木を土場まで重機で運ぶ)
・地拵え(木を出したあと苗を植えるための下準備)
・植栽(苗木を植える)
・下刈り(植えた苗が雑草などに負けないよう雑草を刈る)
・支障木処理(建物、電線、墓地などの邪魔な木を除去する)
この職業のここが良い ・山や自然が好きな人は気持ちがよい。(大雨や炎天下じゃなければ)
・体力、精神力がつくと思う。
・毎日同じ景色がなくやることは多種多様なので僕は飽きないかな。
・山菜は現地調達。
・地球を手入れし育てているという誇りが持てる。(自己満かもしれないけど)
・前より人や周りに気を使えるようになったと思う。
・給料は最初は低いが技術、役職、材積が上がればおのずと上がる。やりがいは無限。(ありすぎて困る)労働時間は微妙朝7時集合家は18時頃付く。休憩はこまめにとるが拘束は長いかな?将来性は自分としてはあると思う。安定性は自分次第。死なないこと。稼げる職員になれば安定すると思う。
 
この職業のここが悪い ・宿命だけど3K(危険・きつい・臭いはあまりきにしない)油断しなくてもケガ、死ぬ可能性がある。
・事業体にもよりますが、僕のとこは軍隊みたいなとこ。異論反論は根拠なしで反逆。大雨でも将軍がやれと言えば休みにならない。しょうもない班長につくとストレスが激増する。(それはどの世界も同じか)世代交代の最中なのにさも成熟した組織のごとく成果を求める。僕は5年目ですがその間10人以上去りました。(不思議と新人は毎年くる)地元より他の市町村の技能職員がかなり多い。地元に愛されてねぇ・・結局人間かな。工場、営業、販売より人間関係が気が楽などと思ってはいけない。むしろチームワークが肝であり人間関係が苦手な人は厳しい。(痛感しています)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中8人

honne.bizでは、林業の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。林業の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。