他の人が書いているように何でも屋です。どうでもいい「出張...(小学校教諭の本音)

職業 小学校教諭
投稿者名 子どもを教室に送るな        投稿日時:2018/02/02 15:47:19
年齢 51歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人が書いているように何でも屋です。
どうでもいい「出張」という会議があります。例えば生徒指導とか給食とか安全とか研究とか長欠とか外国語とかです。
内容は、それぞれの学校の状況をしゃべって指導主事が偉そうなことを言って終わります。空虚です。知ったところで何の役にも立ちません。
その「出張」のために教室は自習となり、担任がインフルとかで休んでいると代理で行かされたりして大変。こういう意味不明の会議が教師の忙しさに拍車をかけています。
悉皆の動員研修もあります。偉い大学の先生を呼んだからとか、どこかの学校が研究発表するとかで「一校当たり○人」という類です。左翼の集会みたいな時代錯誤的な研修制度です。
終わると復命書という名のレポートを書かされます。授業にマイナスになることはあれ、プラスになることは何もありません。
この職業のここが良い 比較的男女平等
ノルマがない
この職業のここが悪い ・近年、保護者がいろいろなことを学校に要求し、完ぺきを求めるようになりました。教師はスーパーマンではないし、学校で起きていることを全部把握しているわけではありません。「○○という子が××したのを知っているか?」と電話がかかり、「知らない」と答えると「担任なのにそんなことでいいのか!」と叱られます。教師は神ですか?
・偉い人たちの要求が高すぎます。
全教科に加えて英語も話せて高い道徳性と倫理観を持ち、情熱にあふれ、24時間365日教師としてのパフォーマンスを発揮することが求められています。
できないと「教師不適格」「辞めろ」「代わりはいくらでもいる」というマスコミや世の中のバッシング。
・教育現場のブラックすぎる労働がクローズアップされていますが、でも指導要録には英語が追加され、道徳は教科になって通知票をつけ、プログラミング教育を実施し、アクティブラーニングとかわけの分からないことをやれと命じるんですよね。
部活なしでも十分にブラックです。

こうしたほんの一例から、「教え子を教室に送るな」というスローガンが生まれました。
この職業は子どもたちのために働く仕事ですが、子どもに愛情を少しでも感じるのであれば、教員と言う仕事に就かないように言うべきです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中17人

honne.bizでは、小学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。小学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。