・多すぎて書ききれない。企業で言うと、営業と研究と接客...(小学校教諭の本音)

職業 小学校教諭
投稿者名 おばさん        投稿日時:2014/09/28 19:16:19
年齢 49歳
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
小学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・多すぎて書ききれない。
企業で言うと、営業と研究と接客と事務会計、即席医療診断応急処置、カウンセリング、人生相談、警備パトロール、加えて土木などの肉体労働等、すべてをこなしているのが、今の教師の姿である。そして、ごくごくたま~に授業の準備をする時間があったりする。
・今、教育現場の流れは、「地域との連携」「小中連携」に向かっている。おかげでますます忙しくなり、土日さえなくなりつつある。次の指導要領改訂では、道徳も教科化されるとか。英語も、下の学年にまで拡大するのだとか。土曜授業も復活し、他の公務員が休みなのに教師だけが出勤している。

・授業が上手で、子供や親たちにも慕われ、クラスが一つにまとまって、子供が成長していく喜びを感じる・・・・そんな牧歌的な教育は、終わりを告げたと思う。そういう素晴らしいクラスや教師は、ごく稀にあるかもしれないが、恐らくプロ野球選手になるのと同じぐらい、難しいことだと思う。
 大抵は圧倒的な仕事量に振り回され、ブラック企業顔負けの過酷な労働を強いられ、親や子供の対応に疲れ果てていく。若いうちから精神が壊れてしまう人、辞めていく人も大勢いる。
この職業のここが良い (私と同じような心境の人の投稿があるので、私もと思って投稿した)
・良いところなど、何一つとしてない。
・「子供の成長」?⇒子供はすぐに増長し、生意気な口をきく。傷つくことを、平気で言う。ずるい。証拠を突きつけられても、平気でうそをつく。最近は、特別支援系のお子様も多く、日本語が通じない。たった一人の転校生のために、クラス全体がおかしくなることもある。
・「安定性」?⇒どんなに仕事をやっても、給料は年功序列。残業代ゼロ。他の人が書いているように、各種の強制ボランティアだらけ。逆に考えると、サボリにサボっても、給料は減らないという良さはある。
・「将来性」?⇒毎年毎年「モンペ」と呼ばれる、狂った親の相手をしなければならない。何年続けられると思いますか?
この職業のここが悪い ・悪いことだらけで、挙げていたらきりがない。他の人がずいぶん書いているが・・・・・。
・とにかく、親がすごい。20代のヤンキー親が、年配教師を「てめえ」呼ばわりする。まともに取り合うと、こっちの精神が病む。接客商売との違いは、教師の場合は、いったん担任となると、そういうクズ親に、1年間付き合わなければならないこと。しかも最悪なことに、担任の自宅にまで電話がかかってくる。昼も夜も、親の相手をしなければならない。子供に住所を教えて暑中見舞いや年賀状を出したりすると、親が自宅にまで押し掛けたことさえあるという。
要するに、学校や教師は、親や世間の不満のはけ口になってしまっている。
こんな親と、毎年毎年付き合わなければならない。今の若い人は、大変だと思う。22歳で採用されたとして、定年が60歳だとして、こんな親たちを相手にして、38年間無事で終えられるとは、到底思えない。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:101人中96人

honne.bizでは、小学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。小学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。