授業・生徒指導・部活動指導・書類の作成 部活動顧問の場合,...(中学校教諭の本音)

職業 中学校教諭
投稿者名 mamuru        投稿日時:2013/04/14 20:54:23
年齢 33歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
中学校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細  授業・生徒指導・部活動指導・書類の作成 部活動顧問の場合,大会運営。教科主任の場合,書類の作成が急増。成績処理等も他の教員の分もチェックする。仕事量が多すぎるのに教員数が減らされているので大変なことになっている。完全に労働基準法を超えている時間数働いている。どんなに残業しても給料は増えない。
この職業のここが良い  夏休みの前日。冬休みの前日のワクワク感がいい。良いところってあるの?って感じ。
この職業のここが悪い  担任になると仕事量が急増。年度初め,学期末は15時間以上,毎日働いている。副担の方がどんなに気が楽か。担任やらない年寄りが多すぎ。若手と仕事が出来る人達にすべて仕事が回ってくる。
 中学3年生は高校に入学させて当たり前,志望校に受かれば塾のおかげ,落ちれば担任の進路指導のせい。
 土日部活は当たり前,部活の練習を減らして試合で負ければ保護者からクレーム。試合ですべて勝つって事は全国まで行くって事。当然そんな事は無理なんだから結局最後は“~~しておけば良かった。”といわれる。
 こちらに落ち度が無く仕事をしていても生徒が何か悪いことをすれば,生徒指導で時間が割かれる。仮に部活動中に生徒の不注意で怪我があったとしても気をつけないとこちらがすべて悪くなり,気をつかう。
 労働時間から時給を算出すると高校生のガソリンスタンドのバイトよりも安くてショックを受けるから計算してはならない。計算するなら朝7時から夜21時まで週5日勤務。土日は朝7時から16時くらいまで勤務。お盆と正月の10日が年間の休みとして計算してください。
 そんな労働条件なのに世間からは冷ややかな目で見られている。もう少し現実をわかってほしい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:43人中38人

honne.bizでは、中学校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。中学校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。