部署にもよるが、8時ぐらいには出社。登校指導、進学指導...(高校教諭の本音)

職業 高校教諭
投稿者名 ららら        投稿日時:2014/07/20 22:34:00
年齢 39歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 部署にもよるが、8時ぐらいには出社。
登校指導、進学指導、教室清掃、部活朝練習。
その後、職員朝礼。教室へ行き、点呼や諸連絡。
8時50分ぐらいから1時間目開始。平均1日4コマぐらいの授業。
空き時間で、学級通信などの作成、欠席生徒宅への連絡など。
昼休みを利用し個人面談。
午後の授業のあと、教室へ移動し明日の諸連絡。
教室清掃、下校指導。
15時半ぐらいから諸会議。所属部署にもよるが17時半ぐらいまで。長い日は21時を超える会議もある。会議のない日は直ぐに部活指導。それぞれの終了後、教材研究や会議の資料作り。
23時ごろ退社。
前著の運動部、特に競合というわけでもないが野球、サッカーなどは年間休暇6日ぐらいになる。
この職業のここが良い 子供達の一番多感な時期に、もしかしたら保護者よりも近くにいられること。
人間の成長を日々感じながらいられる。
この職業のここが悪い 業務(雑務)が多く、精神的にも時間的にも余裕がなくなり、仕事が雑になり、ことなかれ主義的な考え方に流されそうになる。実際流される。部活は、基本的には生徒に対するサービスのようなものでほぼボランティアである。運動部の顧問になると怪我の防止の為もあり、つきっきりで居なければならず20時ぐらいまで担任業務や、教材研究は出来ないばかりでなく、部活の生徒の保護者とのやりとりも顧問の業務になり、うまく立ちふるまわないといけない。また、学校行事、例えば入学式や卒業式など椅子を体育館に並べたり体育祭の運営などにも運動部は使われることが多いので、これにも顧問は、携わり指揮をしなくてはならない。担任、顧問そして家庭を両立して行くのなに対するサポート体制が非常に旧体質で遅れている。基本年功序列なので年齢給として給料は、上がって行くがその分、旧体質は変わっていかない。私立のオーナー学校の場合、所詮校長先生も中間管理職にすぎず、オーナーや保護者の顔色を伺わなければいけなく皺寄せは現場の教員にくる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中18人

honne.bizでは、高校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。高校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。