勤務時間内:保育、配膳、掃除、帳面記入、日誌、毎日の個人記録...(保育士の本音)

職業 保育士
投稿者名 あいこ        投稿日時:2014/09/15 05:34:47
年齢 36歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
保育士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 勤務時間内:保育、配膳、掃除、帳面記入、日誌、毎日の個人記録(乳児担任)
勤務時間外:保育準備、計画立案(週案、月案、年案等)、児童原簿、クラス便り、行事の準備・片付け、手作り玩具の作成、その他多数
書類作成や手作り玩具はほとんど自宅に持ち帰り、休日返上で仕事をしていました。
この職業のここが良い 子どもは滅茶苦茶可愛い、成長が楽しみ、
保護者とも信頼関係が築ければ良い出会いとなる
この職業のここが悪い 勤務時間内は全て子ども対応で、保育計画や児童原簿、クラス便りなどの書類作成や保育の準備、手作り玩具、行事前の作り物、その他準備全てはサービス残業か、自宅に持ち帰り、休日も家で仕事。
どなたかも書かれていたが、職員のサービス残業ありきで成り立っている業界。介護職員も同じく、福祉業界とはいえ、無償で働かされるのには納得いかない。
将来ある子どもの命を預かる責任は重く、すし詰め状態の保育室で子どもたち同士のトラブルが絶えず、噛みつきひっかき、押す、などによ怪我に神経を尖らせ、精神的に疲れる。
女性が多いため、特有のネチネチしたいやな面が見られる。男性職員が多い方が少し落ち着くように思うが、勤務に対して給料が伴わない上に薄給なため、結婚を考える男性は退職していく。
子どもの一生を見据えた保育をすべきなのに、担任を持った一年間だけしか責任を持たず、怪我無く効率よくクラス運営ができることが素晴らしい保育士、できる保育士である、という風潮。本来は1日の大半をともに過ごすのだから、親代わりとして1人1人の子どもの人生に責任があるが、そういう保育士は皆無。
自分自身も初めの理想はそうだったが、日常の激務をこなすのに必死で、理想と現実のギャップに悩む。先輩方はすっかり理想を忘れてしまったように見える。
人を指導する仕事だからかどうかはわからないが、年数を重ねると自分は立派な先生、立派な人間だと勘違いしている人が多い。
図太くないと続けられない仕事だと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中13人

honne.bizでは、保育士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。保育士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。