研究第一裁量労働制なのでサボろうと思えばいくらでもサボれ...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 某国立大助教        投稿日時:2016/03/20 08:31:25
年齢 30歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 1 [1点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究第一
裁量労働制なのでサボろうと思えばいくらでもサボれるが、仕事が楽しいので外出出張のない日は8時~23時まで大学にいるようにしています。
土曜日は兼業の会議、日曜日は家族サービス。
この職業のここが良い 学内研究所勤務のため雑務が少なく、授業も必ずしも持たなくて良いので論文執筆に没頭できる
兼業で会社を経営しているが、そこでの作品や実績も評価の対象となる
思っていたよりもはるかに給料が良かった(同年代の他大の助教と比べてもかなり良い方)
関東にあるためか、都市手当てなるものがかなりの額でつく
学生がみんな結構真面目なので鍛えがいがある
この職業のここが悪い 任期付なので安定という意味では社会的信用に欠ける(ローンに通らないとかあるらしい)
ただし、任期付手当てなるものが結構な額でつくので、元々長くいるつもりはない自分にとっては利点でしかなかったりする
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中2人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。