地方の私立大の准教授。週に実技8コマ+講義1コマ。採用は任...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 ららら        投稿日時:2017/04/28 18:13:28
年齢 50歳
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 地方の私立大の准教授。週に実技8コマ+講義1コマ。
採用は任期付教員(5年)再任は一回。
授業以外の仕事として、入試オープンキャンパス年6回必須。高校進路指導室へパンフレットを持って営業。
高校へ進路ガイダンス、体験授業。
この職業のここが良い 若い人と話すと明るい気持ちになる。
他の理科系等に比べて論文提出を求められない。
この職業のここが悪い 地方大学は特に、あまりに教育以外の仕事が多すぎ。
入試に関する学生募集が本業になってしまっている。
週9コマもあり研究日は1日のみ。教職員を極力減らし人件費削減し、授業が成り立つ限界まで1クラスの学生人数を増やしている。研究したくてもできない。
教員は世間知らずか、パワハラを平気でやるプライドの高い教員。
やたら委員会など会議が多くしかも長い。
大学教員は最近は任期付採用が多く、テイのいい契約社員。長くいることがないため責任感がない。1年ごとの成果を求められ研究も大きなことができない。これらは文科省の役人が決めた改悪制度。地方大学に将来性はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。