タイムカードで勤怠管理されているが、残業代は出ない。理系にも...(大学教員の本音)

職業 大学教員
投稿者名 地方弱小理系大学        投稿日時:2018/03/11 13:06:28
年齢 48歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
大学教員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 タイムカードで勤怠管理されているが、残業代は出ない。理系にも関わらず、研究をしている教授はほとんどおらず、気の弱い人や断れない立場の助教などに仕事を押し付けて帰る。
当然論文や成果も無いのだが、学生がよくわからないのをいい事に、自分はすごい先生だと思い込ませているその話術は、有る意味すごいかもしれない。
ブラック企業以上にブラックな大学である。
この職業のここが良い 研究しようと思えば出来るかもしれない点。
この職業のここが悪い しかし実際は、このような状況である。
1.雑用 70%(学生が授業を休むとメールや電話で連絡。オープンキャンパスなど雑用も非常に多い)
2.教育 25%(実験・実習の準備も教員が行う)
3.研究 5%(深夜11時ごろから、睡眠時間を削れれば少し出来るかも)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中11人

honne.bizでは、大学教員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。